即日キャッシングですぐに融資を受けたい場合に件数や金額で問題になるのはなぜなのでしょうか?

今すぐに融資を受けたい、急ぎで1万円、2万円の少額をキャッシングしたいという場合に、即日融資が可能な消費者金融はとても便利なサービスなのですが、一方で便利がゆえに使いすぎると怖いサービスです。

我々、消費者金融会社で勤務していた時は、毎回融資前に「計画的な利用をお願いします」と契約内容の説明を行うのと一緒に必ず啓発をしていました。

また、利用限度額についてですが、私が勤務していた消費者金融では、限度額が定期的な見直しを行い、変動する「自動与信システム」というシステムを導入していた関係で、借入件数や金額が増えた時に、限度額が増えたり、減ったりする事がありました。

今の時代でしたら、総量規制の導入によって、年収の3分の1以上のキャッシングは出来ないとなっていますので、多くの金融会社では自動与信システムを採用していますが、当時は画期的なシステムだったと思います。

そのため、いざ融資を受けよう!とお客様がキャッシングカードをATMに入れても、限度額が0となっていて利用が出来ない・・という事もよくあり、クレームの電話が入るなんて事もありましたが、今では総量規制が導入されている事を説明すれば、ご納得いただきやすいと思いますので、ある程度はクレーム回避できるのでは無いでしょうか。

まさに仰る通りで、今では即日融資を受けたい場合でも、必ず借入限度額は総量規制によって管理されるようになっていますので、年収の3分の1以上の融資を受ける事は原則出来ません。

しかし、借り換え(おまとめ)のケースだったり、自営業者向けのローンを利用する場合は、この限りではありませんので、総量規制を超えて融資をする事も出来るようになっています。

詳しくは、総量規制のキャッシングについてでまとめていますので、こちらを参考にして頂ければと思います。

このように、急ぎで利用しようにも、現在利用中、もしくは一度完済してから再度の融資を受けたい場合、いずれの場合でも、必ず総量規制による規制があり、それ以上の借り入れができなくなっていますが、同時に「与信管理上、借入件数が多い場合も融資を規制する事がある」のも事実です。

キャッシングの審査に落ちないためのコツ

与信管理上、借入金額が総量規制を下回っている場合でも、金融業者からすると複数の金融業者を借り回っている状態は、あまり好まれません。

むしろ、複数の金融業者で借入している場合は、「おまとめローン」を使って、カードを一枚にまとめるように提案される事も多いです。

それだけ複数のカードを所持し、利用している方というのは、返済不能となるリスクが高いと見なされる傾向が今でもあり、実際に借入金額では問題なく総量規制の範囲内で余裕がある方でも、借入件数が4社、5社在るという事で、信用を落として利用できないという方もいらっしゃいました。

もし、キャッシングの審査に通らない・・・総量規制に余裕があるのになぜ?と思っている方がいらっしゃれば、借入件数を減らして再度トライしてみる事もおすすめしたいと思います。

借入件数を減らしても信用情報では返済情報は残ります

借入件数を減らすために、何社か返済をして回った場合でも一つだけ注意したい点があります。

それが、「信用情報」についてです。

信用情報とは、金融業者の借入状況をデータベースでまとめたもので、

  • 借入情報(いくら融資を受けているのか、何社借入があるか)
  • 契約内容(無担保か有担保かなど)
  • 返済状況(毎月どれくらいの返済をしているのか)
  • 個人情報(氏名、生年月日、住所、勤務先などの個人情報)

などが登録されています。

この中で、返済状況の情報を金融業者が見れば、残高があといくら残っているのか?などをチェックする事が出来るのですが、完済しても契約を継続した状態(カードを破棄せず、いつでも利用できる状態)となっていると、また利用されるのでは無いか??と判断する事もあります。

そのため、複数の金融業者を完済して、今後使う予定が無いという場合は、面倒ですが都度「解約」しておくようにしましょう。

借入件数が多いと信用されていない証拠

また、もう一つの理由ですが、借入件数が多いという事は、各社で少額の融資しか受けていないという可能性が高いです。

普通であれば、限度額の見直しを行ったりして限度額を増額する事も考えられるところを幾つもの金融業者から借入しているのはなぜか??と考えた場合、「各社の信用が得られていない=融資限度額が少額=返済に遅れがあったり取引に問題がある可能性が」と考えられます。

総合すると、借入件数が多いという事は、様々なリスクを想像させるため、キャッシングの審査を新たに受けても信用を受けにくい傾向にあると言えます。

また、複数のカードを所持するよりも、一社のカードで限度額を取ってもらえるように信用を付けていく方が、将来的に限度額見直しに伴う金利引き直しがされるケースもありますので、一石二鳥です。

もし、複数カードを所持し、利用を複数社で分けているという方は、今すぐ一社にまとめられるならまとめて、信用を付けていく方が得策だという事を、ここで理解頂けると幸いです。

おすすめの即日キャッシングが可能な金融業者は??

ここまで即日でキャッシングの融資を受けるためには、借入件数を気にする事、借入金額は総量規制に引っかからないように気をつける事などをまとめてきましたが、実際に即日キャッシングを利用する場合にどこが良いの??と言う方向けに、おすすめの業者をランキングでまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

s_no1_%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b004 アコム

acom250


【アコムおすすめの理由】

・即日キャッシング 可能

・ 30日無利息サービスは、契約日より有効。

・ マスターカードのクレジットカードが、最短即日から発行が可能

・ 楽天銀行なら、24時間振込で融資が可能です。

・返済方法ですが、インターネット返済、店頭窓口、自社ATM、提携チャネルが利用出来ます。
※インターネット返済はPay-easy(ペイジー)を介して無料
※提携チャネルには、三菱東京UFJ銀行、ゼロバンク、セブンイレブン。ローソン、イオン銀行、東京スター銀行、クレディセゾンなどがあります。

・返済期日は、35日ごと、口座振替(自動引き落とし)、毎月の返済期日指定から選択可
※ただし30日無利息サービスを受ける場合は、35日返済サイクルを選択する必要があります。


実質年率 限度額 審査時間
3.00%~18.00% 1~800万円の範囲内 審査時間は最短30分

s_no2_%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b004 アイフル


画像の添付

【アイフルおすすめの理由】

・即日キャッシング 可能

・ 30日無利息サービスは、契約日より有効。

・ 「配達時間えらべーる」で、バレないようにカードを受け取る時間帯を選択出来ます。

・ 「てまいらず」という無人契約機に来店で、カードの受取も誰にもバレずに可能です。


実質年率 限度額 審査時間
4.5%~18.0% 1~500万円の範囲内 審査時間は最短30分

s_no3_%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b004 プロミス


【プロミスおすすめの理由】

・即日キャッシング 可能

・ 30日無利息サービスは、初回貸付日より有効。
  ※メアドの登録、WEB明細の利用が条件です。

・ 初回契約の実質年率は、17.8%より適用。

・ WEB完結申込で、融資まで電話で話す事なく手続きを進める事が出来ます。

・ マネーアドバイザーと呼ばれるオペレーターが在職し、キャッシングの融資や返済に関する相談ができ、安心した利用が出来ます。

・ プロミスレディースローンでは、女性専用のオペレーターが対応します。

・返済方法には、口フリ(口座振替)、インターネット返済(パソコン、スマホ対応)、銀行振込、店頭(お客様サービスプラザ)、プロミスのATM、提携ATM、コンビニのメディア端末
※口フリの設定は手数料無料です。
※ネット返済は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行などでインターネットバンキングの登録が必要です。
※提携ATMには、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニがありますが、手数料が108円(1万円以下の取引)、216円(1万円以上の取引)のいずれか借入もしくは返済の時にかかります。オススメは手数料が0円の三井住友銀行です。
※コンビニのメディア端末は、手数料0円でFamiポート(ファミリーマート)、Loppi(ローソンやミニストップ)で利用可能です。


実質年率 限度額 審査時間
4.5%~17.8% 1~500万円の範囲内 審査時間は最短30分

随時、更新中

即日キャッシング 上位3社の比較表

アコム アイフル プロミス
契約額 1~800万円 1~500万円 1~500万円
実質年率 3.0%~17.8% 4.5%~18.0% 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分
契約方法 むじんくん(契約機)、店頭窓口、郵送 無人契約機、郵送 無人契約機、お客様サービスプラザ、インターネット上
商品名 借り換え専用、ビジネスサポートカードローン、カードローン、クレジットカード キャッシングローン、ファーストプレミアム・カードローン、事業サポートプラン(無担保ローン)、事業サポートプラン(不動産担保ローン)、おまとめローン、目的別ローン フリーキャッシング、自営者カードローン、おまとめローン、目的ローン
無利息期間 契約日から 契約日から 取引開始日より

トップへ戻る