即日融資可能な銀行系カードローンに難点はないの?

即日融資が可能な銀行系カードローンは、メガバンクに限らず、地方銀行や信用金庫まで様々なところで用意されています。

また、ネット銀行でも即日融資が可能なサービスが充実してきていますが、実際に専業する消費者金融と比べて不便なところもあります。

ここでは、即日融資が可能な銀行系カードローンをいくつかピックアップし、デメリットは無いか??を確認したいと思います。

三菱東京UFJ銀行系列のバンクイック

最初に紹介するのが、メガバンクの三菱東京UFJ銀行から販売されているバンクイック。

実質年率 1.8%~14.6%、限度額 500万までの範囲内、保証会社がアコムとなっている銀行系カードローンですが、口コミや評判では一部審査が厳しいという声も見られます。

一方、メガバンクの営業ネットワークを活かして、三菱東京UFJ銀行のATMを手数料無料で使える点は、口座をお持ちの方には朗報です。

返済方法も、ネットバンキングや振込返済にも対応しているので、忙しい時にはネット決済で入金や融資まで可能となります。

また、バンクイックに限ってではないですが、銀行系カードローンは消費者金融に比べて利率は低い設定になりますが「無利息期間の設定やサービスは無い」ので、短期間の融資を受ける場合には向いていない可能性があります。

実質年率 限度額 口座開設 保証会社
1.8%~14.6% 500万円まで 不要 アコム

三井住友銀行カードローン

メガバンクの三井住友銀行で提供しているカードローンです。

実質年率 4.0%~14.0%、限度額800万円の範囲内で、保証会社がプロミスとなっている銀行系カードローンです。

バンクイックと同じで、三井住友銀行ATMの手数料が無料なだけでなく、提携するコンビニ手数料も無料で使える点が大きなメリットです。

また、三井住友銀行に口座を持たなくても利用できるのが、大きなメリットです。もし口座が必要な場合は、口座開設の時間もかかるので、即日融資までの時間がさらにかかる事になります。

実質年率 限度額 口座開設 保証会社
4.0%~14.5% 800万円まで 不要 プロミス

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行で提供しているカードローンで、実質年率2.0%~14.0%、限度額は800万円の範囲、保証会社がオリエントコーポレーションとなっています。

大手銀行のカードローンと比べると、利率の上限が14.00%となっているので、最初から利率が低く成っている点がメリットです。

また、他のカードローン同様、自社のATM手数料、振込手数料、コンビニ利用の手数料についても無料で利用が出来、キャッシュカードがあれば、すぐに利用できるのがメリットです。

しかし、一方で即日融資を受ける条件として

  • 「みずほダイレクト」という普通口座を持っている事。
  • 利用金額が100万円以下という事。

が条件となりますので、ハードルは高いかと思います。

ちなみに、口座開設後は、通帳とみずほダイレクトご利用カードが「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」を転送不要で送達されますので、書類やカードの受け取りが必要となります。

実質年率 限度額 口座開設 保証会社
2.0%~14.0% 800万円まで 普通口座開設必要 オリエントコーポレーション

楽天銀行スーパーローン

ネット銀行と言えば、楽天銀行を思い浮かべる方も少なくは無いかと思いますが、他の銀行系カードローンと違って、楽天銀行の口座もあれば24時間振込が可能となっています。

実質年率 1.9%~14.5%、限度額は800万円までの範囲内で利用が可能です。

楽天銀行スーパーローンは、200万円までの範囲内であれば収入証明書の提出は不要となっている点や、コンビニ利用の手数料が無料という点も大きなメリットです。

さらに、楽天スーパーポイントも利用額に応じて最大で30000ポイント進呈されるとあって、とてもオトクなカードローンです。

全体的に見てもバランスが良いカードですし、何より楽天会員になっている方も多いと思いますので、ポイント進呈いただけるのは、とても嬉しいかと思います。

実質年率 限度額 口座開設 保証会社
1.9%~14.5% 800万円まで 不要(楽天銀行があると24時間振込融資可) なし

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行に口座がある方にはメリットがあるカードローンですが、理由としては実質年率 2.5%~13.8%、限度額800万円の範囲内で審査を受けられる点の中で、特に利率設定はネット銀行の強みを活かして13.8%と業界内でも最安値です。

また特徴としては、毎月の返済額が他のカードローン会社と比べて低いという事が挙げられます。

毎月の返済負担を少しでも減らしたいという方には、オススメのカードローンです。

実質年率 限度額 口座開設 保証会社
2.5%~13.8% 800万円まで 必要 なし

横浜銀行カードローン

地方銀行の横浜銀行で提供されているサービスで、実質年率は1.9%~14.6%、限度額は1000万円の範囲内で審査が可能です。

即日融資は、横浜銀行の口座を持っていれば可能と条件付きとなりますが、地方銀行に口座をお持ちの方の場合は、地銀のカードローンが使いやすいという方もいらっしゃるかもしれません。

あとひとつの懸念としては、地銀系カードローンに見られる縛りですが、「地域限定(勤務者含める)」という点。

横浜銀行カードローンの場合は、「神奈川県全域、東京都全域、群馬県前橋市、高崎市、桐生市のいずれかに住んでいる」もしくは「勤務している」方となっていますので、全国で利用ができるものではありません。

実質年率 限度額 口座開設 保証会社
1.9%~14.5% 1000万円まで 必要 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

以上、即日融資が可能な銀行系カードローンで代表的な会社を紹介しましたが、銀行系カードローンはメガバンクでも口座開設が必要なケースがあったりして、即日融資が出来ない場合があります。

総量規制対象外で限度額を大きく持てる点や消費者金融と比べて利率が低いという点は評価できるのですが、審査は甘くないですし、消費者金融よりもステータスや信用情報が重要視される傾向もあります。

その上で、消費者金融と比べると即日融資のスピードも遅いとあって、契約条件を気にするより、何よりもスピーディーに融資まで実行したいという方には不向きかと思います。

上記のように、「自分自身で何を優先してカードローンを選ぶか」という基準を先に考えて、どこで融資を受けようか?と考えた方が賢明かと思います。

ちなみにスピーディーに融資を受けたいという方は、当サイトのトップページでは「キャッシング即日入門」としてオススメ金融業者を紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

トップへ戻る