消費者金融 審査甘い ランキングは信用するに値しないです。

消費者金融と検索すると、「消費者金融 審査甘い ランキング」と出てきますが、消費者金融をランキングにするのは良いかと思いますが・・・

審査が甘い」でランキングにするのは、個人的にはいかがなものか?と感じます。

と云いますのも、自分自身が過去に消費者金融に勤務していた頃に感じていた事なんですが、

  • 審査が甘いと検索する人は、全くのキャッシング利用がない初心者
  • 審査を受けまくっていて、どこも通らないので審査が甘いところを探す多重債務者

のいずれかだと思うのです。

初心者の場合であれば、さほど問題にはならないですが、圧倒的に検索数が多いと思われる多重債務者の場合であれば、今以上にお金を借りる事は自滅する事になりかねません。

また、審査が甘いでランキングにしている金融業者と言っても、貸金業者として登録をしているのであれば貸金業法の遵守は求められます。
※登録をしていないいわゆる闇金業者でも、違反すれば罰則がもちろんあります。

そのため、いわゆる年収の3分の1以上の借入が出来ない総量規制の対象になりますので、審査が甘かろうが、厳しかろうがいずれにしても総量規制の以上の借り入れができまん。
※総量規制対象外のおまとめローンなどは、この限りではありません。

審査が甘い消費者金融ランキングの誤解

しかし・・・

審査が甘いかどうかは別にして、審査が甘い消費者金融でランキングされている会社の数々ですが、よくよく見ていくと「中小の消費者金融」を中心にランキングにされています。

多くのサイトでは、

  • ライフティ
  • セントラル
  • フクホー
  • アロー
  • ニチデン
  • 関東信販
  • スカイオフィス
  • フタバ
  • エニー
  • SGファイナンス

これらの企業を「審査の甘い消費者金融」として紹介していますが、これら中小企業としても、総量規制が法律の前提としてあるかぎり、審査そのものを甘くすると言っても限界があります。

何が言いたいのか?

といいますと、中小企業で審査が甘いと見られていたのは、旧貸金業規制法の時代であって、総量規制が導入される以前という事です。

総量規制が導入される以前は、大手の消費者金融から契約が行われても、中小企業としては多少のリスクを取ってでも融資を行うという事も見られましたし、確かに審査が甘めと感じるところもありましたが・・・

今、これをやってしまうと法律違反で、営業停止や登録の取り消しになり兼ねませんので・・・

まず、そんな事をする中小金融業者はいません。

よって、審査が甘いかどうか、審査基準にそもそも甘いという基準があるのか??という事自体が愚問になってしまい、イメージだけで形度られたものだと感じます。

キャッシングの審査は、貸金業法の改正以降は厳しくなっていますし、誰でも審査に通るというような甘い審査は中小消費者金融を含めてもしていません。

やっているとすれば、ヤミ金業者くらいですが、そもそもヤミ金業者から借入しても、たとえ元本を借用書を作って手にしたとしても、返済義務はありません。

実は、この事は余り知られていないのか、けっこう真面目に返済を続けているかたもいますが・・・利息だけでなく、そもそもの借入自体が無効になりますので、元本の返済義務すら無いという事は知っておきましょう。

とは言え・・・

ヤミ金の狡猾な取り立て(督促)にあえば、正常な判断が出来ませんし、身体や命の危険にさらされてしまう中では、返済しないという事自体も難しいですよね。

そのため、ヤミ金業者が相手の場合は、警察に相談する方が無難です。

もしくは、ヤミ金業者相手にきちんと対処ができる弁護士や司法書士といった法律の専門家に確認するのも良いでしょう。

話が逸れましたが、消費者金融でお金を借りる場合に、前提では大手消費者金融であっても、中小消費者金融であっても、「審査に甘いという概念は無い」と思っておきましょう。

その上で、消費者金融を選ぶ際に、中小も含めて契約条件だったり、サービスなどを比較して、あなたに最適なキャッシング会社を選択できれば、一番では無いかと思いますし、当サイトでは、キャッシング即日入門として、口コミや評判も良いキャッシングやカードローン会社をトップページで紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

あなたにぴったりのキャッシングを選ぶポイント5選

ここで、あなたに合うキャッシング業者を選ぶのに最適な方法として、この5つのポイントを抑えておけばOKというポイントをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 契約条件を必ず比較しましょう。

契約条件はとても大事な事で、契約した限りは、約束を守らなければペナルティーを受ける事になります。きちんと規約も含めて契約条件を確認しておきたいところですが、以下のポイントは必ずチェックして下さい。

  • 契約額については、いくらまで利用できるのか?契約額が下がるケースがあるのか?
  • 年率について、契約違反した場合の利率
  • 契約違反する事にどんな条件があるのか?期限の利益の喪失条項と合わせて確認
  • 返済期日、返済額が適切な金額で、毎月問題なく返済出来るか。

上記のような貸付条件表が掲載されていたり、ホームページにありますので、確認して下さい。

 正規の金融業者かどうかを確認しましょう。

ホームページや店舗にいくと、「貸金業登録番号」が、ATMや自動契約機なども含めて記載されています。

貸金業登録番号が大事な理由ですが、貸金業を営む場合、必ず「登録制」となっていて、金融庁もしくは都道府県に登録を受けていなければ、事業としてお金を貸す事が出来ません。

もしお金を登録せずに貸しているとすれば、それはいわゆる「ヤミ金業者」となってしまいます。

例としてあげると、

上記のように、営業所が二都道府県に別れる場合は、財務局、一都道府県のみの場合は都道府県に登録する事になります。

また、営業が古ければ古いほど、登録回数が増えますので、例えば10となっていれば、30年営業してきているという事で、信用もできる老舗金融業者と目安にできるかと思います。

 利息負担が少しでも少ないところを選びましょう。

次に、利息負担が少ない金融業者を選べるかどうかは、とても重要です。

特に消費者金融の中には「無利息サービス」といって、定められた期間中は利息がゼロというサービスもありますので、利息負担が少なければ、お金も借りやすいので、自分がどれくらいの期間借入するのか??と合わせて決めるようにしましょう。

 審査が甘いとか、自己破産OKなど甘い誘惑はNG!

消費者金融は、テレビCMや広告などの規制が法律上でも厳しくなっていて、審査が甘いとか、自己破産やブラックOKなんて書いている金融業者の広告は、まず広告審査にひっかかりますので、このような謳い文句の金融業者があれば、まずヤミ金業者に近いと思っていいかと思いますし、誘い文句に乗らないように気をつけましょう。

 ご利用は計画的に

最後はポイントというよりは、お願いになりますが「利用する前に本当に必要か??」を今一度検討してみてはどうでしょうか?

テレビCMでも見られますが、利用にあたって本当に必要なのかどうかを判断するのは、とても重要なポイントですし、もし娯楽や少し我慢すれば済むようなものにお金を借りて使うという事なのであれば、止めておいやた方が良いかと思います。

今一度、借金が本当に必要かどう??を心に聞いてみるのも良いのではないかと思います。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る