キャッシングの利息計算方法はそんなに難しくありません!基本の計算式をおぼえておきましょう

キャッシングでもカードローンでも、無利息期間を除けば必ず利息がかかってきますが、利息がいくらかかるのか?は利息の計算方法をおぼえておけば、すぐに計算する事も出来ます。

ここでは、利息の計算方法について再確認いただければと思います。

利息の計算方法

まずはじめに、利息の計算方法ですが、以下の通りの計算式となります。

利息=元金×年率÷365日×利用日数

上記の計算式の通りですが、元金については利用している借金額そのものとなり、年率というのは契約している実質年率というものを指します。

例えば、50万円を実質年率18.00%で利用している場合であれば、元金は50万円、年率は18.00%という事で計算していきます。

365日で割り算する事で、一日分の利息を計算する事になり、そこから利用した分の日数を掛け算する事で、利息を確定する事が出来ます。

実際に、計算しますと、

50万円×18.00%=90,000円が、一年間の利息となりますので、365日で割ってから一か月分(30日として計算)を計算すると、7,397円が利息という事になります。

仮に、毎月20,000円ずつ返済する事を決めている場合だと、利息を除いた分が元金に充当される金額となりますので、12,603円が元金から減る事になりますので、487,397円が残りの元金となり、翌日から利息の計算がまたカウントされていく事になります。

上記のとおり、毎月20,000円を返済し続ける場合ですが、

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20,000 12,500 7,500 487,500
2 20,000 12,688 7,312 474,812
3 20,000 12,878 7,122 461,934
4 20,000 13,071 6,929 448,863
5 20,000 13,268 6,732 435,595
6 20,000 13,467 6,533 422,128
7 20,000 13,669 6,331 408,459
8 20,000 13,874 6,126 394,585
9 20,000 14,082 5,918 380,503
10 20,000 14,293 5,707 366,210
11 20,000 14,507 5,493 351,703
12 20,000 14,725 5,275 336,978
13 20,000 14,946 5,054 322,032
14 20,000 15,170 4,830 306,862
15 20,000 15,398 4,602 291,464
16 20,000 15,629 4,371 275,835
17 20,000 15,863 4,137 259,972
18 20,000 16,101 3,899 243,871
19 20,000 16,342 3,658 227,529
20 20,000 16,588 3,412 210,941
21 20,000 16,836 3,164 194,105
22 20,000 17,089 2,911 177,016
23 20,000 17,345 2,655 159,671
24 20,000 17,605 2,395 142,066
25 20,000 17,870 2,130 124,196
26 20,000 18,138 1,862 106,058
27 20,000 18,410 1,590 87,648
28 20,000 18,686 1,314 68,962
29 20,000 18,966 1,034 49,996
30 20,000 19,251 749 30,745
31 20,000 19,539 461 11,206
32 11,374 11,206 168 0
累計 631,374 500,000 131,374 0

上記のとおりとなって、131,374円の利息がかかる事になりますので、総額631,374円を支払う必要があるという事になります。

利息の計算の起算日

先ほど簡単に触れていますが、毎月の利息の計算ですが、借金した当日や返済した当日を起算日と考え0日目の扱いになりますので、「翌日から利息をカウント」する事になります。

また、キャッシングやカードローンは「単利」なりますので、「複利」で計算される事もありません。

単利と複利の違い

単利と複利には大きな違いがあり、貯金や投資で複利で運用できるとなるととても大きな武器にはなりますが、借金が複利となるとさすがに借金が膨れ上がっていくばかりですので、単利で計算される事になるという点では、少し安心材料です。

では、実際に何が違うのか?を確認しておきたいのですが、

  • 単利 借りている元金(もしくは預けている金額)に対して利息を計算する事になりますので、先ほどの例でいくと50万円に対して(また残った元金に対して)利息を計算する事になりますが、1ヶ月分の利息が7500円だったとし、返済せずに翌月の利息を計算する場合でも、50万円に対して30日分の利息を計算する事になります。
  • 複利 借りている元金だけでなく付いた利息も合わせて利息計算する事になります、例えば50万円で1ヶ月の利息が7500円だったとし、返済せずに翌月の利息を計算する場合は50万7500円に対して30日分の利息を計算していく事になります。

上記のとおり、借金の場合は利息を含めた計算にはなりませんので、どんどん雪だるまのように利息が増える事もありません。

別の例を出しますと、利息の計算は単利で計算されますので、例えば50万の利息7500円に対して5000円しか支払しなかった場合に、利息の不足金が発生する事になりますが、この2500円の不足は一旦横に除いておき、改めて50万円に対して利息を計算し、30日後であれば7500円と不足分の2500円合わせて1.0万円が利息という事になります。

以上、キャッシングやカードローンを利用する際にかかる利息を計算する方法についてでした。

キャッシングなどの利息は、借金をする前にきちんとどれくらいかかるのか??をシミュレーションしておき、総額の支払額と返済年数は把握しておきたいところです。

是非とも、無理な借金になっていないかのチェックのために利息計算方法をマスター頂ければと思います。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る