キャッシングすると郵便物が来るのが厄介、郵送物が来ないようにするには?

キャッシングやカードローンを利用する際に、契約したり、取引をする度に法令上では取引内容について書面を交付する事になっています。

新規契約の時には、カードや契約に関する書面、融資を受けた際には明細書を、入金を受けた際には領収書を発行する事になりますが、これらの書面を「電磁的な方法で交付」する事も認められています。

電磁的な交付については、貸金業法でも認められているので、あとは各金融業者ごとに郵送物を送るのか、それともメールなどによって交付するようにするのか?になりますが、誰にも知られず利用したい場合は、「郵便物やDM(ダイレクトメール)は送付しない」ように、あらかじめ拒否設定しておく事が無難です。

また、初めて申し込みする場合でも、手続きをWEB上で全て完了する方法もありますので、必ずしもカードや郵送物を受け取らなければならないわけでもありません。

どこの金融業者を使えば、カードや郵送物を受け取らずに済むのか??を知っているか、知らないか??でも、内緒で利用したい方にとっては大きな差になると思いますので、その点を大手消費者金融の新規契約、取引時の書面発行についてまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

大手5社の消費者金融 郵送物の発送について

新規契約時 書面を送付するケース
プロミス WEB完結申込みで手続きすると、カードレスで契約、振込の手続きが可能です。
返済は、口座振替で指定口座から引き落としされます。
提携ATMを利用した返済をする場合
延滞時に連絡が取れない場合
振込で融資を行う場合
書面を郵送で送ってほしいと希望の場合
アコム WEBで契約する事が可能ですが、カードを後日自宅へ郵送する事になりますが、契約ルームや店舗に行けば、その場で手続き出来ます。 電磁交付の承諾をしていない場合は、振込融資時に送付する場合あり。
※会員ログインをしていただき、「書面の受取方法 」で変更が必要です。
ACマスターカードの利用明細書も同様で、承諾がない場合は、毎月末日までに送付となります。
アイフル WEBで契約する事が可能ですが、カードを後日自宅へ郵送する事になりますが、契約ルームや店舗に行けば、その場で手続き出来ます。 振込融資を受ける場合
取引内容の変更や訂正をした場合
引き落とし後、最大5営業日以内にカードで取引した場合
法令に基づく書面の送付が必要な場合
レイク 来店不要でWEB上で契約や融資を行う事が出来ますが、カードは自動契約機で手続きを取るか、自宅へ簡易書留で郵送する事になります。 領収書や明細書が送付される場合があります。
※電話にて送付拒否する手続きも可能です。
SMBCモビット WEB完結申込みで手続きすると、カードレスで契約、振込の手続きが可能です。
返済は、口座振替で指定口座から引き落としされます。
WEB完結申込み以外の方法の新規契約の場合、自宅や勤務先に書類を郵送する場合があります。

上記の通り、プロミスとモビットには、「WEB完結申込み」という方法があり、全ての手続きをWEB上で完結する事が出来ますので、カードレスでも利用でき、郵送物を送付する事はないので、安心して利用が出来ます。

利用残高や各取引の明細書や領収書は、それぞれWEBサービスから確認できるようになっていますので、今どんな契約で利用しているか??もしっかりと確認頂ければと思います。

 一緒に読まれています。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る