お金がないときの対処法でキャッシングやカードローンはおすすめなのか?

お金が無い時に、キャッシングやカードローンを利用する事は、実際のところはどうなの?

と思われる方もいますが、キャッシングでお金を借りた事がある方なら理解いただけると思うのですが、キャッシングの利用はとても簡単でコンビニで融資を受けれたり、返済をする事も出来ますし、またインターネットバンキングも普及しているので24時間入出金もできるようになってきています。

キャッシングやカードローンは上手にサービスを利用すれば、とても頼りになるサービスになりますが、返済するお金がない時、生活費がカツカツだったり、他での借金があり返済のための新たな借入といった内容で消費者金融などからお金を借りてしまうと、返済できなくなる恐れがあるのでお薦めは出来ません。

ここでは、お金がない時の対処法としてキャッシングなどの消費者金融などで借金をする事は適切か?また他の方法でお金がないときに対処は出来ないのか?についてまとめていきたいと思います。

お金がない時にキャッシング、実際どんな感じなの?

まずお金がない時にキャッシングが使えるという点ですが、実際にキャッシングがどんなサービスなのか?が分からなければ利用ができないと思いますので、まずはここでキャッシングの中身についてまとめていきたいと思います。

キャッシングは「無担保、無保証」のサービスです。

まず最初にキャッシングですが、担保は不要のため、不動産の担保契約をとったり、質に商品を入れるような事はしないで良いです。

また、保証人を立てる必要もありませんので、誰にも知られる事なく、秘密でお金を借りる事も出来ます。

審査はスピーディ、融資まで即日対応も可能

続いて、キャッシングの審査ですが、申込、審査、融資までが最短即日で対応が出来ます。

時間は人によってまちまちですが、1時間程度で終わる事もありますので、すぐにでもお金を借りたいという方にはオススメです。

必要書類も最低限の書類でOK

次に、審査を受けるのに必要な書類ですが、「本人確認書類」と呼ばれる、運転免許証をはじめとする身分証明書になります。

身分証明書で本人確認書類として採用できるものは、各金融業者によって違いますので、申込時に提示された書類の中から提出をするようにしましょう。

また、今では電子化送信も可能となっていて、インターネット上から申込をするケースでは、本人確認書類を写メで撮影して送信することで完了します。

ただし、審査によっては「収入証明書」の提出を求められるケースもあります、その場合は給料明細書、源泉徴収票、確定申告書などを提出する事になります。
※50万円以上の融資限度額を希望の場合も提出が必要です。

申込方法が豊富、ネットや自動契約機など選択可能

申込方法ですが、全国どこにいても申込ができるようになっていて、インターネット(パソコン、スマホ両方対応可)、自動契約機、店頭窓口、郵送やFAXなどで受付できる金融業者もあります。

また最近では、「カード無しのキャッシング」という手段もありますので、もしカードを持った取引をしたくない、誰にも財布の中身を見られたり、バレたりしないようにしたいという場合であれば、そのような金融業者を選択するのが良いかと思います。

借金をする事以外にお金がない時にできる対処法とは?

以上が、簡単なキャッシングの説明になりますが、その他にお金がない時の対処法としてどんなものがあるか??についてですが、箇条書きとしては、

  • オークションやメルカリなどに出品し、服や貴金属などを売る。
  • ダブルワーク(副業)に取り組む
  • 友人や親族など、親しい人にお金の工面を頼んで見る

というところが一般的になるのでは無いでしょうか。

ありきたりな事かもしれませんが、消費者金融などで借金をするのに抵抗があったり、あとあとの事を考えるとこれらの方法が取れるのであれば、それに越した事はありませんので、お薦めしたいと思います。

また、借金をしていて返済期限が迫っている場合で、その返済のために借り入れを検討している場合は、キャッシングやカードローンは絶対にオススメしません。

借金を秘密にしておきたいために、お金を借りる行為というのは本当に危険な行為ですし、借金が膨らむ一方ですので、正直に家族に相談する事も考えた方が良いと管理人は願っています。

無理して借りた借金は、最終的に自分のクビを締めるだけでなく、周りにも迷惑をかける事になりますので、是非参考にしていただき、無理のない計画的なキャッシングの利用を頂ければと思います。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る