衣替えの時期はいつ?春夏秋冬のシーズン別おすすめのクリーニング活用法と合わせて紹介

梅雨入りが始まり、梅雨が終われば本格的な夏到来・・

春から夏に向けて毎日の子供たちの学校の衣替えであったり、会社ではクールビズが始まった関係で少しずつ我が家では衣替えをしています。

しかし、梅雨入りした途端、急に夜は冷えたり、朝方も寒かったり、また逆に日中は夏を思わせるような天候だったり・・洋服の収納が進まない時期では無いでしょうか?_

そんな中、ふと疑問に感じたのが、

「衣替えって時期としてはいつから始めるものなんだろう??」

と思い始め、気になったので調べてみたところ、春夏秋冬のシーズンによって、意識する事が違うという事でした。

ここでは、衣替えの時期をそれぞれのシーズン別でポイントをまとめ、その上で衣替えの時期に必ず利用したいクリーニングをぐっとお得に利用できる方法についてご紹介したいと思います。

衣替えはいつから?春夏秋冬別にまとめました

まずはじめに、衣替えの時期とその理由をシーズン別にまとめました。

春の衣替え時期はいつ?

冬物の入れ替え時期になりますが、冬物を仕舞い洗いする時期は「GW(ゴールデンウイーク)まで」としましょう。

理由としては、

衣服を食べる害虫は、GW明けごろから成虫になり、卵を生み始めるから

です。

もし、衣服と一緒に卵を収納してしまうと・・結果どうなるかは目に見えてますよね??クローゼットの中で成虫がウジャウジャ・・なんて姿は想像もしたくはありません。

夏の衣替え時期はいつ?

次に夏の衣替えですが、春先の洋服と夏物を入れ替えする事になりますが、特に学生の制服は6月1日~9月30日ごろまでを夏服指定とするところも多いかと思います。

春物を収納し、夏物を出す時期としては「最高気温が20℃を超す日が続く」事を一つの目安とするのも良いかと思います。

20℃を超えてくると体感でも温かいと感じるかと思いますので、春物を少しずつ収納しはじめても良いかなと思います。

またもう一つの方法として、春から夏にかけて3回に分けるという方法もオススメです。

  1. 第一回目は3月から4月にかけて、冬物のダウンコートや厚手のセーターなどを収納していく。
  2. 第二回目はGW前後~6月上旬にかけて、春物を徐々に収納し、夏物を用意する。
  3. 第三回目は6月下旬の梅雨明け~7月初旬にかけて、夏物だけにする。

という季節で三段階にわけて衣替えすると、季節に合わせて、また手間もなく衣替えを進める事ができるかと思います。

秋の衣替え時期はいつ?

続いて、夏から秋物を少しずつ出していく衣替えの時期ですが、残暑が残る9月はまだまだ夏服で乗り切るという方もいらっしゃるかもしれませんが、季節の変わり目は体調を崩しやすい時期です。

また、秋物を先取りして取り入れるのもトレンドに敏感な方ほど進んでいるものです。

少々の暑さは気にしない、昼夜の寒暖差で体調を崩さないためにも、少しずつ秋物の衣替えを進めていくようにしましょう。

具体的な時期ですが、9月中旬から下旬にかけて、「気温が25℃以下が続く日」がありますので、その時期がチャンスです。少しずつ夏物を収納しはじめて、最終的には10月中旬頃を目処に、秋物へと変えていくようにしていきましょう。

冬の衣替え時期はいつ?

最後に、秋から冬にかけての衣替えはいつごろから?という事でまとめていきたいのですが、

気温が15℃以下だとコートが必要

と考えると、20℃以下の日が目立つようになれば、冬服やコートを準備しておきたいところですし、旅行で北海道など北の方へ行く場合は、11月、12月にはダウンコートも必須です。

また、年明け1月から3月初旬はダウンコートは手放せない地域も多いですし、クリスマスシーズンに入れば、冬物で過ごす事になるので、秋物と冬物の総入れ替えは12月に入るまでには終わらせておきたいところです。

衣服を食べる害虫と成長過程

余談ですが、衣服を食べる害虫にはヒメカツオブシムシ、ヒメマルカツオブシムシ、イガ、コイガなどがいますが、成長過程はGWから秋にかけて成虫から卵を産み付け、冬から春にかけて卵、幼虫、さなぎへと成長をします。

衣替えの時期にお得にクリーニングをする方法

ここまで衣替えの時期を春夏秋冬別で確認してきましたが、衣服の収納をするだけでは害虫駆除ができなかったり、汚れが落ちていないまま収納して、衣服が傷んでしまう事もあります。

せっかく良い衣服も、傷んでしまっては一年で使えなくなってしまい、とても勿体ない事になりますので、できるだけ長く使うためにも時期を見てクリーニングに出す事は必ずしておきたいところです。

しかし、冬物とくにダウンコートなどは近年高額になってきており、またハイブランドのコート類は地元のクリーニング屋さんに持っていっても、引き受けてくれないケースがあったり、表示された値段以上に破格の値段を提示されたりする事もよくあります。

実際、冬物数点を出すだけで、数万円の支払い・・

なんて事も経験した事がありますし、数万円かけたからと言って、とてもキレイに仕上げてくれるのか?と言えば、特に大きな変化が見えないのも実情です。

そんな中、最近とても人気になっているサービスが「宅配クリーニング」のサービスです。

以前まで、宅配クリーニングを使うのは高齢者だけだろう・・とそんな思いがあったのですが、カンブリア宮殿で取り上げられていた全国送料無料の宅配クリーニングのリナビスさんを見た時に、衝撃を受けました。

リナビスの特徴

まずリナビスさんの何がすごいか?なんですが、「なにかとおせっかい」なところです。

細かいしみ抜きのオーダーをしていなくても、最高の品質で仕上げてくれます、しみ抜きだけでなく、毛玉取り、ボタン修理も無料・・・

さらにサラリーマンのご主人さんなら経験あるはず・・スーツの中にハンカチを入れ忘れていれば・・ハンカチもクリーニングにかけて、スーツと別々で返却・・・

これだけおせっかをして、「送料が無料」なのですから衝撃です・・

また公式サイトを見ればわかるのですが、熟練の職人さんが一つ一つクリーニングを丁寧に行っていて、洗い方を判断しているので、生地が傷みにくいクリーニングになっています。

検品からお届けまでの6ステップ

そして何より驚きなのが、これだけのサービスを付けてくれたのに、地元のクリーニング店よりも遥かに安いクリーニング代だという事。

しかも、安心の洗い上げ、自然乾燥のためブランドのダウンコートや洋服でもきちんと仕上げてくれるので安心価格です。

10点のクリーニングを出しても送料込みで10800円、カナダグースのダウンコートを街のクリーニング屋さんに出せば、それだけで数千円下手をすると1万円近くかかる事もある中、10点出しても1万円ですから、本当に衝撃的なプライスです!!

家族全員の分を出すのであれば、衣替えのシーズンにまとめて20点を出しても2万円でお釣りまできますので、とてもお得コースです。

日本で一つしかない「おせっかいが出来るクリーニング店」。

一度試すとやみつきになる事間違いないので、ぜひ衣替えと合わせて使ってみて下さいね。

→ 家から出ずに【無料】で配達!布団クリーニングの全国宅配「リナビス」

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る