キャッシングをすると住宅ローンに影響を与えるという間違った認識を正そう!

キャッシングやカードローンを利用すると、各種ローンだったり、クレジットカードを利用するのに不都合が出る・・

と思われている方、とても多いですが、実は必ずしも不都合があるわけではなく、「キャッシングもカードローンも付き合い方次第」となります。

特に年配の方に多いのは、「消費者金融などのキャッシングなどで借金をすると、住宅ローンを組むのに審査が通らない」という認識です。

この認識ですが、実は半分正しく、半分は正しくはない・・というのが認識です。

そこで、私が10年間勤務する中で日常茶飯事のように行われてきた住宅ローンとキャッシングの関係についてのやり取りの経験を元に、今回は住宅ローンとキャッシングについて正しい認識をお伝えしたいと思います。

キャッシングを利用するのに住宅ローンの有無は関係あるのか??

まず最初に、キャッシングやカードローンを利用する際に、住宅ローンがあるか無いか?で審査に影響が出るか?ですが、結論は「あります」。

「やっぱり、住宅ローンがあると借入額が大きいから信用が落ちるのか・・」

と思われた方、実はその逆です。

実は、住宅ローンの有無で消費者金融が与信で重要視するポイントは「自宅は持ち家かどうか」というポイントです。

住宅ローンの借入額や毎月の返済額はあまり重要視されていません。

消費者金融が、なぜ住宅があるかどうかを重要視しているか?ですが、無担保、無保証での貸付で個人向けの融資という点に特徴があるからです。

通常お金を貸す場合ですが、

「返済できるかどうか」

が大事になります、まして業として行う融資ですから、返ってこない場合は不良債権として処理されるので、金融業者としては非常に困ります。

そのために、個人向けに融資する基準として「相手の身分をはっきりさせる」事が目的になり、そのために与信審査が行われるのです。

相手の身分をはっきりさせるという点で、「自宅住所がはっきりしている」という事は、とても信用が高いですよね??

例えば、自宅住所を転々とする方、転勤族のような方よりも、住宅ローンがある=持ち家であれば、単身赴任はあっても、そこから離れるリスクは低い。

と判断できるのでは無いでしょうか??

もちろん毎月のローンの負担がいくらくらいなのか??は、与信判断の際に融資限度額の参考にする事はあるでしょうが、消費者金融としては総量規制がある以上、ある程度のリスクは織り込み済みで融資しなければなりません。

そう考えると、住宅ローンの有無よりも持ち家があるかどうかの判断材料であるという事は納得では無いでしょうか。

ちなみに、住宅ローン無しの持ち家の方=一番信用が高いです。

月々の負担がないという事は、固定資産税と毎月の修繕費くらいの負担で良いわけですから、相当生活に余裕が出てくると思いますので、当然と言えば当然ですが・・

キャッシングしていると住宅ローンの審査に影響が出るの??

ここまではキャッシングの利用にあたって住宅ローンの有無が関係するか??を紹介してきましたが、ここからは、住宅ローンを組みたいという方向けの情報提供です。

私が消費者金融で勤務していたころに、よく主債務者である本人と家族が同伴で来店し、完済するというケース、今後融資をしないように書面を作りたいという申し出がありました。

また、主債務者だけで完済、契約書の返却、カードの破棄、解約手続きとされる方もいましたが、共通して完済目的に「住宅ローンを組むため」という事を仰っていた事を記憶しています。

キャッシングの利用には、住宅ローンの有無はあまり影響がない(むしろ与信上好まれる)のに対し、住宅ローンを審査する銀行をはじめとする金融機関からすると、消費者金融などでの借入は「リスク以外の何者でも無い」のです。

これは当然と言えば当然では無いでしょうか。

先程の消費者金融の与信とは違って、住宅ローンの審査にあたっては、金額が1000万単位で変わるわけで、大きなリスクを伴います。

消費者金融に限らないですが、住宅ローン以外の借金があると、ローン返済に影響を与える可能性があるわけで、そのようなリスクがある融資は金融機関としては承認出来ないのです・・

そのため、住宅ローンの審査を行う前に、消費者金融などでの借入は無いか??と金融機関側からヒアリングがあります。

もし、借入がある場合は早急に完済をするように求められ、また解約した証明として契約書、領収書、解約証明書などを持参するように求められるケースもあるくらいです。

また、借入が無いと嘘をついても「バレて」しまいます。

といいますのも、住宅ローンの審査時には、キャッシングやカードローンと同じで各種信用情報機関で借入情報の調査を行う事になります。

そのため、いくらキャッシングしていたり、クレジットカードで利用しているかは筒抜けになります。

銀行はローンの審査でリスクを好まない

余談ですが、銀行は、法人でも個人でも融資をする相手に関わらず「リスクを取る事を極端に嫌います」ので、リスクを取り除かない限り融資をする事はありません。

そのため、キャッシングがビジネスモデルとして儲かると分かっていても、簡単には参入してこなかった過去があったのですが、今では銀行系カードローンとして参入していますが、それでも与信は消費者金融任せというところもあり、リスクヘッジしているのが現実です。

住宅ローンがある方がキャッシングすると影響があるの??

住宅ローンの審査時に、キャッシングしていると影響が出るのは、ここまで見てきた通りです。

一方で、住宅ローンの返済を毎月している時にキャッシングをすると、銀行など住宅ローンの借入先から契約違反など問われる事はあるのでしょうか?

結論ですが、「住宅ローン借入後に新たに借金が増えても、ローン業者から契約違反と言われる事は無い」です。

そのため、住宅ローンの金利を不当に上げるとか、返済額を上げるとか、一括返済を求めるなどといった事はありません。

ただし、住宅ローンの融資をした金融機関は、定期的に借入情報の調査は行っていますので、信用情報に異動情報(債務整理、延滞情報、貸し倒れ情報など)が出ていることがあった場合は、住宅ローンの返済に影響が出かねないので、何かしらのヒアリングなどがあるかもしれません。

銀行の返済と税金、どちらを優先??

余談の話しですが、個人事業主の方に多いですが、事業資金などの返済が苦しくなってきた場合、金融機関とは付き合いがあるから先に返そう・・

という事で、取引先や税金や社会保険料よりも先に返済をする方がいますが、実はこれは「大きな間違い」です。

金融機関には猶予をもらって、取引先や租税公課を先に支払わなければ信用問題になります。

確かに銀行に対しても信用の低下がありますが、銀行など金融機関には延滞が発生しても返済する事が出来れていれば、信頼回復の道はあります。

しかし、取引先とは信頼回復は簡単ではないですし、税金の返済が遅れる事で滞納に対する処分が厳しいですから、返済の優先順位だけは間違えないよにしたいものです。

以上、住宅ローンとキャッシングの関係から住宅ローンへの影響などについてまとめました。それぞれ見方が変わると色々と問題点も出てくると思いますので、参考にして頂ければと思います。

 一緒に読まれています。

→ 家族や周りに内緒で借金するには??

→ 土日でも融資ができる方法とは??

→ 最短即日からキャッシングが出来る業者はどこ??

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る