カードローンの審査時に行う在籍確認、結局バレるんじゃ無いの?

キャッシングやカードローンを使う際に、必ず審査を受ける事になり、審査の1つに「在籍確認」と呼ばれる勤務先に勤めているかどうかの客観的な確認を行います。

在籍確認の方法は、一般的には「電話をかける事で同僚からのヒアリング」で確認する方法が一般的ですが、各金融業者によって多少の違いがあります。

その他の方法だと、

  • 書面による確認 収入証明書や社会保険証による確認
  • 本人のヒアリングとの照合 地図を使って所在地との照合

などによる方法もありますが、収入証明書を採用する場合でも、書面が簡易な作りになっている場合や社印が押されていないために採用できないというケースもあります。

また、社会保険証の偽造判定を行うために、自動契約機などでは偽造判定装置を設置していたり、客観的な在籍確認ができるような設備も整っています。

しかし、どれだけ設備が整っても、一番の在籍確認の方法は電話をかける方法です。

会社に電話をして、申込者の同僚へ本人の在籍を確認する方法ですが、一般的な確認方法は

「○○(社員個人名)と言いますが、▲▲(申込者)はいらっしゃいますか?」

と確認を取ります。

一般的な企業であれば、

「▲▲(申込者)は、席を外しています」

と回答しますので、改める旨を伝えて終了です。

ここで、本人が電話口に出るなんて事があれば、申込み手続きに来ている人が、保険証を悪用して申込している可能性など、詐欺の疑いも出てきます。

ただし、同姓同名がいる可能性も否定できませんので、確認は慎重に行われなければいけませんが、客観的な事実ですので、一番信憑性がある在籍確認の方法のため、今でも電話をかける金融業者も多いです。

一方、会社によっては在籍確認が困難なところもあり、例えば現場仕事の方であれば、親方のところでなく作業場や資材置き場に集合しているというケースがあったり、出向先で勤務している場合は、出向元に行く事がほとんどないというケースであったり、様々なケースがあります。

1つ目の親方の自宅を勤務先としているケースでは、親方の家族が電話口に出る事もあり、場合によっては社員さんの名前を把握していない可能性もあります。

また、出向先の社員を出向元の社員が全員把握していないという可能性もあり、社員によっては「そにょうな者はいません」と回答する可能性も無くはないと思います。

上記のような在籍確認が困難な時には、本人のヒアリングと合わせて客観的に判断する事にはなってきますが、通常の与信よりも抑えて、融資額を少なめにして様子を見るという事もあります。

いずれにしても、在籍確認の本来の目的は、

継続した収入を得られる仕事をしているかどうか

が一番の目的で、虚偽の申告が無いかよりも重要な事です。

在籍確認が一番借入がバレるリスクでは??

在籍確認を行う目的を理解したところで、結局のところ在籍確認を行うのは、会社の同僚に不審がられる結果になるのでは無い??という事ですが、結論としては「不審に思われる可能性は高い」です。

しかし、今の時代、クレジットカードの審査時に在籍確認の連絡を行うのも通例となっていますので、会社の同僚にクレジットカードの審査で電話あるかもと言っておくのも良いかもしれませんし、住宅ローンや教育ローンを組むタイミングであれば、ローンの件で銀行から在籍確認があるかも?と伝えておくのも良いかもしれません。

ただし、金融業者からの電話は、在籍確認だけでなく「取り立て(督促)」の電話という事も考えられますので、会社の同僚が「▲▲さん、返済できずに取り立てされてるのでは?」とない噂を立てられる可能性も否定出来ません。

あくまで可能性の話しですが、噂好きな社員さんがいたり、関係が良くない社員さんがいると、いろいろと噂を立てられてしまう事もありますので、気をつけたいところです。

以上、カードローンやキャッシングを利用する際に行う在籍確認に伴うまとめになります。

お互い気持ちよく審査を進められるように、金融業者もできるだけの配慮をしてくれますので、申込者としても気をつけておきたいところは気をつけるようにして下さいね。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る