アイフルで即日キャッシング 必要書類や契約方法など今すぐ知っておきたいポイントを解説

アイフル 店頭窓口

消費者金融大手のアイフルは、最速即日融資が可能ですが、融資が受けられるのは何時まで?

必要書類、契約方法、振込やATMやコンビニなどの融資方法、平日と土日の違い、即日で返済する場合のメリットなどについてポイントを細かく解説します。

アイフルで即日融資を受けられる時間は??

まず最初に、アイフルで最速即日で融資を受ける際の時間ですが、契約条件によって変わってきますので、最初にアイフルの契約条件についてまとめると、

  • 店頭窓口で契約
  • 無人契約機に来店し契約
  • ネット、電話で申込

が主な方法になります。

店頭窓口の注意点

店頭窓口で契約をすると、窓口で直接融資を受ける事も出来ますし、また併設されているATMやコンビニなどを利用してカードで融資を受ける事も可能です。

しかし、店頭窓口は有人店舗となっているので営業時間が限られていて、「平日の18時まで」の営業となります。

有人店舗を利用したいという方は、ちょっとずつ減ってきていて、対面で安心して契約したいという方やきちんと契約内容を確認して不安なく利用したいという方でない限りは、あまり利用されるイメージがありませんが、上記のポイントには気をつけて頂ければと思います。

無人契約機の注意点

店頭窓口と併設されているところ、独立して無人契約機のみが運営してる店舗もありますが、多くのところで無人契約機と一緒にATMが設置されています。

また、無人契約機で契約をすると、その場でカードも一緒に発行されますので、融資も即日で受けられますが、店頭窓口と同じく営業時間に限りがあり、「平日、土日ともに21時まで」となっていますので、注意が必要です。

店頭窓口と違って、直接対面でやりとりする事は無く、電話や画面を通してアイフルのスタッフとやりとりして審査や契約を進める事になりますが、入店時に周りから見られていないか??と気にかける方にはオススメできない契約方法です。

ネットや電話申込の注意点

次に、インターネットや電話などで契約を進める方法ですが、融資方法が二通りあります。

  1. 一つ目は、「即日振込みで融資を受ける」方法です。
  2. 二つ目は、「店頭や自動契約機に来店し、カードを受取り融資を受ける」方法です。

いずれの方法でも、申込受付は「24時間対応」していますが、審査時間には限りがあり、朝8時~夜22時までとなっています。

理由としては、深夜や早朝は、信用情報も稼働していないため、いくら深夜にネットで申込をしても翌営業日の審査扱いとなってしまうからです。そのためネットで申込する時間にも注意する必要があります。

特に、一つ目の即日振込で融資を受けたい場合には、「当日の14時までに手続きを終える事」が条件になりますので、その点は注意しましょう。

ちなみに、アイフルでのカード受け取り方法ですが、ネット上で契約を終えた場合は、

  1. 自動契約機や店頭窓口で受け取る方法。
  2. 郵送で受け取る方法。
  3. 「配達時間えらべーる」で6つの指定時間にアイフルのカードをお届けする方法。
    ※15時までに手続きを終えると、翌日以降で配達可能、本人限定での配送方法です。

のいずれかになります、振込融資を受けた場合には、今後の返済や追加融資を受けるために、カードをいずれかの方法で受け取る必要があります。

参考 → アイフルの公式サイトはこちら

アイフルで即日融資を受ける場合に必要な書類

ここまでアイフルの契約方法によって即日融資には時間的な制限を受ける事を解説してきましたが、時間が間に合わずに即日融資を受けられなかった・・・とならないように、必要な書類や手続きの流れについて理解を深めておきましょう。

まず、必要書類についてですが、

  • 本人確認書類 運転免許証もしくは運転経歴証明書、なければパスポート、公的証明書類、特別永住者証明書、在留カード、個人番号カード、住民基本台帳カード
    ※住所地が本人確認書類と一緒でない場合(手続きしていない場合)は、公共呂金の領収書(NTT、電気、都市ガス、水道、NHKなど)、住民票の写し、印鑑証明書を補完書類として提出。
  • 収入証明書 源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、確定申告書、所得証明書、給料明細書(直近二ヶ月)
  • その他書類 フリーローン以外の事業者サポートプラン、不動産担保、おまとめローン、目的別ローンでは必要になりますので、公式サイトを確認しましょう。

以前までは、保険証が本人確認書類として使われてきましたが、法改正によりアイフルでは対象外となっていますので、注意しましょう。

アイフルの契約手続きの流れ

次にアイフルの契約手続きの流れですが、

申込 ネットでは24時間の申込可(審査時間には注意)

審査 審査結果の連絡は、電話もしくはメールで届きます。

契約手続きの流れ 書類の提出(ネット上で書類提出サービスやメールでも可)を行います。

借入 当日14時までであれば、銀行口座振込可、全国のATMやコンビニなど提携先でも利用可

となっています。

ちなみに、土日であっても平日と契約手続きの流れは変わりませんが、土日の場合は金融機関が休日になるので即日振込で融資を受けることが出来ません。

そのため、当日中に融資を受けたい場合は、カードを受取りATMや提携先を利用する事になりますので、注意しましょう。

アイフルで融資を受ける方法

次に、アイフルで融資を受ける方法についてですが、

  • 店頭窓口で、融資を受ける方法
  • ATMを使って、融資を受ける方法
  • 提携先(セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E-NET、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行)
  • インターネットを使って振込予約(スマホ、パソコン、ガラケー)

で融資を受ける事が出来ます。

インターネット会員は24時間振込予約をする事が出来ますが、振込時間が金融時間の営業時間外の場合は、翌営業日となります。

提携先やATMの利用時は、必ずカードが必要となります。

アイフルで即日返済するメリットは??

ここまで即日で融資を受けるにはどうすれば良いか?についてまとめてきましたが、ここからはアイフルで即日返済する事について書いていきますが、キャッシングで利息がつくのは翌日からとなります。

そのため、借り入れした当日に即日返済をすると利息はゼロとなります。

そのため、融資を受けても使いみちが無いという事であれば、早期に返してしまった方が良いという事になります。

アイフルに限らずキャッシングを利用する際には、無駄な利息負担が無いように、きちんと考えて利用するようにしましょう。

以上、アイフルの即日融資に関する情報をまとめました。

アイフルは、カードの受取時間を調整してくれたり、一般的な商品の他に、個人事業主様向けに無担保、不動産担保の商品、女性が安心して利用できるSuLaLi、目的別ローン、一定条件を満たす方のファーストプレミアムカードローンと言った商品も充実しています。

また、はじめての方に限って、最初の30日間は無利息となっているので、利息負担も軽く出来ますので、とても便利だと思いますので、上手く活用して下さいね。

参考 → アイフルの公式サイトはこちら

 一緒に読まれています。

トップへ戻る