100万円借りると利子はいくらになるの?金利別に紹介

100万円を消費者金融や銀行系カードローンから融資を受けた場合、どれくらいの利子が発生するのでしょうか?

ここでは、利息の計算方法といくつかのシュミレーションに合わせた利子の総額を算出してみますので、参考にして頂ければと思います。

100万円借りた時の利子の計算方法

まず最初に、利子の計算方法についてですが、

利息=元金(借りたお金)×実質年率(%)÷365日×利用日数

で計算する事が出来ます。

元金は、借金の残金となりますので、今回の例で言えば100万円から毎月の返済していく中で残った残金という事になります。

そして、実質年率ですが、貸金業法や利息制限法では100万円を超える融資に関しては、業として行う場合は年率15.00%以下とする事と決まっています。

よって、多くの貸金業者が15%以下で利率を設定しています。

もし契約書などに15%以上の設定が見られる場合や、口約束などで「トゴ(10日で5割)」といった隠語を使って利率を決めている場合は、ヤミ金の可能性が高いです。

そのような業者を利用している場合は、金利をぼったくられている可能性がありますし、ヤミ金の支払いはそもそも返済義務すらありませんので、返済を継続するよりも警察へ相談しましょう。

次に、365日で割る事で「一日あたりどれくらいの利息がかかるか」が計算できますし、利用日数を掛ける事で1ヶ月の利息計算も可能となります。

上記の条件をもとに、今回は

  • 元金100万円の融資を受ける
  • 利率は、15.00%、12.00%、10.00%それぞれのパターン
  • 毎月の返済額は、5.0万円(元利合計)とする

事で、シミュレーションをした結果が以下の通りとなります。

差額 利息 返済回数
15.00% 157936 24回
12.00% 36599 121337 23回
10.00% 59460 98476 22回

返済回数には大きな相違はないですが、利息負担については利率が5.00%変わるだけで約6万円もの軽減を図る事が出来ます。

この事から分かるのが、

金利負担は、利率が低ければ低いほど負担が低くなる

という事になります。

次に、毎月の返済画を4.0万円にしてシミュレーションを行ったところ

差額 利息 返済回数
15.00% 206514 31回
12.00% 50042 156472 29回
10.00% 80492 126022 29回

上記の通りとなりました。

ここから分かるのが、

返済金額が大きければ、大きいほど利息負担は軽減される

という事です。

借入してから、できるだけ短い期間で完済できるように、毎月の返済金額はしっかりと考えておきたいところです。

また、当然の事ですが利息の負担を考えた時に、

借入金額が少しでも少ない方が、負担は軽減される

事になります。

100万円借りるよりも、80万円、50万円と同条件で返済するのであれば、借入金額をより少なくできる方が良いです。

以上、100万円を借入した際の利子はどれくらいになるのか?というシミュレーションを通して、利息負担を少しでも軽減したい場合にはどうすれば良いか?

について書かせて頂きました。

最後にポイント3つをまとめて書くと、

  • 借金額は、少なければ少ないほど利息負担は軽減される。
  • 利率が低ければ低いほど、利息負担は軽減される。
  • 毎月の返済額が多ければ多いほど、利息負担は軽減される。

という事が言えます。

これから100万円の融資を受けようと考えている場合は、3つのポイントを抑えた上で

  1. なるべく金利負担を軽減してくれる金融業者を比較して探す。
  2. 借入する前から返済計画を明確にして、毎月の返済額をきちんと確保しておく。

事を忘れないようにしましょう。

tokushu-01red 個人でお金を借りるならどこ??

キャッシングやカードローン会社が世の中には沢山ありますが、個人でお金を借りるには、どこで利用するのがオススメなのか??

当サイトでは、トップページのキャッシング即日入門で即日融資出来るところで比較するために、必要な情報をまとめていますので、ご一緒に参考にして頂ければと思います。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る