キャッシング 在籍確認はそもそも不要?嘘や代行屋を使うのはNG行為ですし正々堂々と手続きを踏みましょう。

キャッシングやカードローンの審査で、一番ネックとなる「在籍確認」ですが、実はクレジットカードの審査や住宅ローン、車のローン、教育ローンの審査の際にも行われていて、金融機関では一般的な審査の手段です。

主な在籍確認の方法は、職場へ電話をかける事で、本人の在籍を確認するのが一般的ですが、あまり職場に電話がかかってくる事が無い方からすると、

  • 職場の人に不審がられないだろうか?
  • 職場にバレて、会社での立場がなくなるのでは無いか?
  • そもそも現場仕事で、電話がかかってくる事自体が不自然

など、様々な不安や疑問があるかと思います。

ここでは、キャッシングの在籍確認がなぜ必要なのか?をはじめ、在籍確認にまつわる不安や疑問を、少しでも払拭できるように、私どもの過去経験を活かせればと思いますので、是非参考にして頂き、少しでも不安や疑問を晴らして、審査に臨んで頂ければと思います。

キャッシング 在籍確認とは何??

最初に、在籍確認について、簡単に説明をしておきますと、

先に、今現在も継続して勤務しているかどうかの確認を、何かしらの手段で確認を取る

事が、在籍確認の意味です。

marugata一般的な方法としては、電話による確認が一般的ですが、金融業者からすれば、客観的に勤続している事が分かれば、それでOKですので、必ずしも電話をかける方法だけではなく、例えば給与明細や社会保険(組合保険)を提出して確認を取るとか、本人の申告内容、電話帳、四季報など、情報収集をする中で、確認が取れれば良いです。

これら、どの方法を採用するか?は、貸金業法をはじめとする法律上では規定があるわけではありませんので、各社の審査基準に委ねられていると言っても良いでしょう。

例えば、モビットさんの「PC・スマートフォンからWEB完結」だと、申込、審査、契約、融資に至るまで、全ての手続をWEB上で手続きする事(原則)となっていますので、在籍確認についても、電話連絡なしに、WEB上で情報収集や書類の受取をした上で、手続きを完了させる事が出来ます。

→ モビットさんのPC・スマートフォンからWEB完結の詳細は、こちらから条件など確認出来ます。

キャッシング 在籍確認不要に出来るケースはあるの??

marugata02上記の通り、在籍確認は必ず行い、勤務実態の確認をする事を金融業者は審査の一環としているところがほとんどです。

一方で、申込者の気持ちとしては、「在籍確認は止めてほしい」=「在籍確認で電話をするのは止めてほしい」という思いであって、何も在籍確認自体を止めてほしいというわけではないので、ここで理解頂きたいのは、「在籍確認の電話を止める方法であれば、申込先によってはあり得る」という事を確認頂ければと思います。

marugataどうしても、電話による確認が難しい・・・という場合は、正直にその旨を申込先の金融業者へ確認をする方が、「電話が入って、言い訳をする用意を・・」とか、「電話があるのは嫌だ・・」というストレスや不安にかられるような事も無いでしょう。

金融業者も、できるだけプライバシーに配慮をして、お客様の信用を取りたいでしょうし、また新規の契約を取っていきたいという思いがありますので、多少の事は柔軟に対応してくれるでしょうし、怖い事もないので、遠慮なく相談していくようにしましょう。

キャッシング 在籍確認 派遣会社の場合は、どうするの??

ところで、通常の会社の場合は、在籍確認は所属部署だったり、代表電話にかける事が予想されるのですが、派遣会社、日雇い労働者、現場監督、パートやアルバイトの場合、在籍確認をどのように行っていくのでしょうか??

ここでは、それぞれのケースについて、まとめていきたいと思います。

派遣会社の場合

marugata02私が在籍していた某消費者金融では、派遣会社の場合は、「派遣元」と「派遣先」へ電話するのが一般的でした。

どうしても、派遣元に行くことが無いとか、電話が不審という理由で、派遣先だけにしてほしいという要望がある場合は、上長と相談の上で判断していましたが、原則は両方に電話をするという事を知っておいて下さいね。

日雇い労働者や現場監督などの場合

marugata02建築や工事現場に従事されているような方の場合、事務所へ寄る時間はほとんど一瞬です。朝早い時間もしくは、夕方や夜の滞在時間という事で、その間は事務所に誰もいないという事もザラにありました。

また、親方の家が事務所という登録をするケースも多く、親方の家(個人宅)へ電話し、在籍確認を行うという事もしていました。

中には、携帯電話のみという場合もありましたが、固定電話が無い場合は、審査出来ないという決まりがありましたので、そのような場合はお断りする事もありました。

パートやアルバイトの場合

marugata02パートやアルバイトの場合だと、会社自体はあるけど、工場内勤務だったり、社員以外の人に電話が入るようなケースはあまり無いという事で、電話を拒否されるケースも多かったですが、それでも電話確認は原則としてきました。

中には、在籍確認を電話以外の方法で行う事で、代替手段とする事もありましたが、あくまでレアケースという気持ちでやっていました。

あと、もう一つの事例を紹介したいのですが、電話確認をするも、誰も出ない場合はどうなるのか??という件ですが、過去に在籍していた会社では、

  • 後日に本人がいる時に電話約束をする事を条件で融資実行
  • 後日の電話で、在籍確認が取れてから融資実行

のいずれかの方法で、行うようにしていました。

いずれにしても、電話確認を行う必要があると判断した場合は、後日電話を入れる約束にはなっていましたが、その場合は本人が出る事も多いので、より信憑性が高まって、意味があるものだと個人的には思っていたものです。

キャッシング 在籍確認 嘘を付いてもらう事でごまかせる??

marugata02ところで、在籍確認を行う際に、「親友の○○さんと名乗ってほしい」、「取引先の○○株式会社の▲▲と名乗って欲しい」など、時々要望を受ける事もありましたが、基本的に虚偽の連絡を行う事は認められていませんので、お断りしていました。

もちろん、消費者金融会社名を名乗って、電話をするわけではなく、あくまで個人名で「○○と言いますが、▲▲さんはいらっしゃいますか?」と電話するだけですので、その点は安心頂ければと思います。

marugataもうひとつの「嘘」の例として紹介したいのですが、在籍確認を行うのに、申込者が嘘をついて良いのか?という点ですが、のちほど代行屋のお話もしますが、絶対にやめた方が良いです。

と言いますか、得する事は一つもなく、損しかありません。

例えば、虚偽の勤務先を申告したり、退職済みの会社に勤務していると申告するような事は、絶対にバレますし、それだけの調査力が消費者金融にはあるという事を憶えておいて下さいね。

キャッシング 在籍確認 代行屋が存在すると聞きますが、使うのはあり??

marugata先程の「嘘」に繋がる話ですが、在籍確認を代行する会社が、世の中には存在し、「代行屋」と呼ばれるような会社があります。

正当なサービスでは、「秘書代行サービス」といって、会社の社長の代わりに業務の一部を代行してくれるサービスなどもありますが、同じようなイメージで、在籍確認を代行する業者がいます。

過去に、代行屋に騙された事があり、様々な支店で偽の新規契約を取ってしまうような事例もあったのですが、そのような情報や電話番号は、すぐに共有されますし、悪質なケースでは、詐欺罪で刑事事件として扱う事もあります。

そんな「在籍確認の代行屋を使う事=現在、勤務していない」と言っている事と同じですし、信用を得られるやり方ではありませんし、オススメできるものではありません。

先程もお話したとおり、きちんとまっとうに審査を受ける事、そして審査に通る事は、金融業者へ信頼を得る行為であると同時に、結果的に「自分自身の身を守る(=無理な借り入れをしない)」という事にも繋がる事ですので、その点はしっかりと意識して頂ければと思います。

0-19 一緒に読まれています。

トップへ戻る