キャッシング、クレジット、カードローン、それぞれの特徴や違いは?

お金を借入する方法はいくつかあり、キャッシング、クレジット、カードローンとこの3つを多くの方はイメージします。

それぞれにはどんな特徴があり、利用する上で大きな違いはあるのかを解説してみましょう。

クレジットとキャッシングとカードローンの違いとは

キャッシングは短期間で少額のお金を借入できる小口融資です。

金額は多くても50万円ほどまでで、1万円単位で少額の利用もできます。

少額利用が主のため返済は翌月一括払いが一般的です。

金利はやや高めに設定される傾向にありますが、無金利サービスを展開しているキャッシング会社もあります。

利用は金融機関の窓口やATMでキャッシングカードにて行います。

クレジットのそもそもの意味は、信用や貸付になります。

なので広い意味ではお金を借りることすべてにクレジットという言葉が該当するのですが、一般的にはクレジットカードでの借入利用のことをクレジットと略して呼んでいます。

カードにはショッピングとキャッシングの2つの機能が備わっており、このうちキャッシング機能にてお金を借りることができます。

大抵は限度額が低く、返済は口座引き落としとなるのが特徴で、リボ払いの選択もできます。

キャッシング機能が備わったクレジットカードを持っていれば、すぐにでも借入が利用できる手軽さもメリットです。

カードローンは無担保で借入が可能なサービスです。

キャッシングも無担保にて利用できるのですが、カードローンは大きいと数百万という高額を扱う大口融資です。

高額を扱うため返済は一括ではなくリボ払いが一般的です。

借入先は消費者金融もあれば銀行もあり、金利は利用先によって異なります。

審査が簡単なところほど金利は高く、審査が厳しいところは金利が安いと、単純ではありますがそのように判断できます。

キャッシングは小口融資、カードローンは大口融資、クレジットはクレジットカードを利用した簡単な低額融資です。

いずれのうち自分の希望する金額や利用方法によって、借り入れ方法を選びましょう。

 一緒に読まれています。

トップへ戻る