消費者金融の支払いを滞納、取り立てられる前にまずは相談を

消費者金融で無事に借り入れが出来て、ほっとしたり、油断をしていると、思わぬところに落とし穴があったりするもので、当サイトではいつも

借り入れする事だけでなく、返済する事まできちんと考える

という事を忘れないようにという事は、注意喚起しています。

やはり、お金を借りるという事は、借りたお金を返すという事とセットですし、完済するまでが、消費者金融とのお付き合いとなりますので、ちゃんと返済が出来る範囲で融資を受けるようにしなければなりません。

また、借り入れ当初は返せると思った金額でも、時が経つにつれて、経済状況や家計状況も変わっていき、例えば不景気の煽りを受けて、会社が倒産、転職、減給、ボーナスカットという事もあり得ます。

また、結婚をしたり、子どもが生まれて家族が増えたり、両親たちの介護をしなければいけなかったり、家族やご自身が病気をしたり・・・

様々なリスクが考えられる中で、借金返済をしなければいけなくなる事もあります。

ここでは、消費者金融の借り入れを、何かの事情で滞納(延滞)してしまった場合、また滞納をした事で取り立て(督促)されたり、取り立ての先にはどんな不利益があるのか?

について、まとめていきます。

消費者金融の入金滞納 相談はいの一番に

marugata02

私が勤務していた某消費者金融では、融資時に必ず「何か困った事があれば、必ずご相談下さい」とお客様に必ず言うように、教育されていました。

お金を借りる時、お客様自身は「お金を借りる事」が目的となっているので、その先の事まで頭が回っていない・・・という人も、少なからず多かったです。

しかし、それではせっかく融資を受けて、そのお金を使って叶える目的を達成したとしても、いざ返済が始まると、「こんなに大変なのか・・・」と思われる方も多いのです。

そんな時に、少しでも力になれる存在がいるという事を知って頂くためにも、電話、自動契約機、店頭窓口いずれの契約であっても、お話できる機会には、「必ず相談連絡先を伝える」ようにしていました。

とは言え、

「相談しても、何も変わらないのでは・・・」

と思われる方も、多くいらっしゃるようで、残念ながら黙って長期間に渡って滞納をしてしまうお客様も、正直いらっしゃいます。

また、逆に連絡を入れてくれたのですが、

「◯◯日まで、入金期日を延長しておきます」

という事で、期日の延長処理だけして、入金待ちという、作業レベルで相談する事もあり、お客様も具体的な相談ができずに、がっかりされて、そのまま連絡が取れなくなってしまう・・・

という経験も、数多くしてきました。

一言に相談と言いましても、お客様の状況に合わせて、

  • 次回の給料日やボーナス、もしくはお金が入ってくる目処がある日まで猶予するのでOKか。
  • 支出が増えていく中で、返済出来なくなったのか。
  • 支出が増えたのは、借入返済の負担が大きいからなのか。
  • 今後のライフイベント(結婚、子どもが生まれる、住宅購入、介護、入学、卒業など)を考えて、今回限りの延滞なのか、今後も続くのか。

など、考えなければいけない事は、人によって変わりますが、きちんと相談できる体制を作っておかなければ、いざお客様が滞納した時に、無策ではお話になりません・・・

逆に、お客様側としても、滞納するのは仕方ない事情もあるのですが、「連絡を入れて、きちんと相談に乗ってくれる」金融会社で借入するように、最初に借入先を選択する際には、間違いのないようにして頂きたいと思います。

そういった意味では、金融会社の口コミや評判は、とても大切ですので、

こちらのように、実際に利用しているユーザーの声を比較しながら、借入先を考える事も大事かなと思います。

 消費者金融を滞納すると住宅ローンに影響が出るの?

続いて、消費者金融の入金を滞納しつづけると、住宅ローンへ影響が出るのか??という点ですが、2つの視点からお話したいのですが、

1つ目が「今後、住宅ローンを組めなくなるのか?」、

2つ目が「今、住宅ローンで返済中だけど、影響が出るのか?

この2点について、まとめていきたいと思います。

marugata

1つ目の今後の住宅ローンへの影響という事ですが、今のところ住宅ローンを組まず、賃貸マンションや借家、実家にいたりと、金融機関で住宅ローン審査を受けた事が無い人が前提のお話になるかと思います。

結論から言いますと、「住宅ローンの審査に通らない可能性」があります。と言いますか、消費者金融で借入をしていると、住宅ローンの審査に影響が実はあるんです。

そんな消費者金融での借入を滞納すると、信用問題に関わるのは、納得いただけるかと思います。

「だけど、銀行に借入しているのをバレなければ大丈夫でしょ??」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、甘いです・・(笑)

全て金融機関はお見通しで、消費者金融での借入、クレジットカードの利用状況など、「信用情報」を通して、知り得ているのです。

信用情報に関しては、キャッシングとクレジットカードの違いは何?信用情報、金利、返済についての記事で触れていますので、参考にして下さい。

住宅ローンは、数千万円単位での融資となり、金融機関からすると、とても大きなリスクで、決して焦げ付く(返済不能)とするわけにはいきません。

いくら抵当権を付けて担保物件にしても、保証人を入れても、危ない橋を渡る事はしたくありませんので、消費者金融でお金を借りている、滞納している事があれば、住宅ローンの審査が下りない可能性は高い。

という事を憶えておきましょう。

marugata02

2つ目に「住宅ローン中の場合に、影響があるのか?」という話ですが、直接的に影響が出る事はありませんが、住宅ローンの返済が滞納する事になれば、大問題です。

まず、直接的に影響しないという件ですが、消費者金融の借入は「無担保、無保証」ですので、担保物件も無ければ、保証人も付いていません。

だからと言って、強制執行が出来ないというわけではありませんので、勘違いしないようにして下さいね・・(汗)
※本件は、後述します。

しかし、消費者金融の滞納が影響し、結果的に家計全体に影響が及び、住宅ローンを滞納してしまう・・・そんな事がありますと、次は住宅ローンの取り立てまで受ける事になります。

こうなると、最悪は競売にかけられたりする事もあり、強制執行されて家を追い出されてしまう・・・

という事もありますので、気をつけ無ければなりません。

このように、消費者金融の滞納が原因で、住宅ローンへの影響を大きくしてしまう事は、十分に考えられますので、出来れば、きちんと相談をした上で、穴が小さいうちに塞いでいくようにした方が良い。

という事をここで憶えておいて下さい。

消費者金融を滞納すると、財産の差し押さえがあるの?

先程の消費者金融を滞納しても、強制執行が出来るという話をここでさせて頂くのですが、無担保、無保証であっても、消費者金融が支払督促や訴訟を起こしてくるケースがあります。

支払督促には、「仮執行宣言付支払督促」が使われるのが通常ですし、勝訴すると、判決文を持って強制執行を行う事が出来ます。

強制執行には様々な財産を処分する権利があるのですが、中でも「給料の差し押さえ」をする事になると、会社にも借入や滞納の事がバレますし、何より手元に入る給料が減ってしまう・・・

という大きなリスクが生まれますので、ここまで話が広がらないように、消費者金融と和解して、分割入金に応じてもらうようにしておく事が必要です。

567445

消費者金融を滞納しても消滅時効の援用は可能?

ここまで、消費者金融の滞納に対するリスクをみてきたのですが、それでも放置し続けてしまえば、「消滅時効」を援用する事が出来るのでは無いか??

と思われるのですが、結論としては「援用は可能」です。

ちなみに、消滅時効は「最終入金日より5年」を超える必要がありますので、その間に支払督促や訴訟で強制執行をされなかったり、執拗な取り立てを逃れ続ける事が出来れば・・・

となりますので、簡単な事では無いという事は、憶えておきましょう。

消費者金融 取り立て(督促)は会社にまで及ぶ事はあるの?

次に、消費者金融の取り立て(督促)についてですが、実は消費者金融の取り立ては好き放題して良いものでは無く、貸金業法と呼ばれる法律によって、一定の制限があります。

一例を挙げますと、

  • 正当な理由がなく、債務者の自宅や勤務先以外のところへ連絡を入れたり訪問する事。
  • 債務者が退去するよう求めたにも関わらず、退去しない。
  • 借入の事実を張り紙などの嫌がらせで、周りに知らしめるような行為。
  • 債務者以外の支払い義務のない者に、請求する事。
  • 電話は、一日に3回まで
  • 社会通念に照らし不適当と認められる時間帯(午後9時から午前8時まで)
  • 不適当と思われる、お盆やお正月などの時期に取り立てをする事。
    ※土日、祝日は不適当な時期には含まれません。

などの規制があります。

よって、滞納する事で、自宅や勤務先へ連絡が入る事はアリ得る話ですが、会社名を公表する事はありません。

あくまで、個人名での連絡となりますが、執拗に連絡が入るケースがあれば、管轄の金融庁へ報告し、相談する事も検討した方が良いでしょう。

トップへ戻る