生活費 困ったらどうすれば良いの?公的貸付?それともキャッシングなどで借金を検討?

生活費に困った・・・

そんな時に、一時的なしのぎとして、公的な貸付として「生活福祉資金貸付制度」や「生活保護」などのセーフティーネット各種だったり、仕事関係であれば「臨時特例つなぎ資金」や「緊急小口資金貸付」がありますが、それぞれ使える人は限られています。

キャッシングやカードローンも、審査に通る人は限られてはいますが、公的貸付に比べると、厳しい印象もありませんし、何より最短即日で現金を手に入れる事が出来る方法としては、キャッシングは相当優秀なサービスだと言えます。

今回は、生活費に困った時にキャッシングの利用をされた方の体験談を紹介したいと思います。

生活に困った時にどうする?キャッシングの利用をされたAさんの体験談

私の友人の話です。彼とは高校が同じでした。在学中は仲良く一緒に将来について話をしたりすることが多かったのですが、卒業後はそれほど会う機会は無いまま10年近く経ったころに、切羽詰った声でお金を無心する電話が来ました。

風の噂には聞いていましたが、大学で専攻した技術を生かして、専門の商社に勤務した後、念願だった独立を果たしたそうなのです。

ところが事業が上手く行かず、マルチビジネスに手を出し、ついには軍資金を使い果たしてしまい、生活費にも困っている様でした。

その為、いくらか貸してくれないかということで電話がかかってきたのです。

彼とは昔のよしみもありましたし、半分泣き声を聞かされ、直ぐに手持ちの金を用立ててあげることにしました。

ところが、それで済んだと思ったのですが貸した金を返してもらう間もなく、再び金の無心をしてきたので、この時ばかりは即座に断りました。

すると本当に泣き出してしまい「そんなの困るよ、俺はどうすればいいんだよ」と途方に暮れていましたので、とっさに私は自分が金に困ったときのことを思い出し「お前借金あるの?」と聞きました。

意外にも「ない」と言う答えでした。

てっきり方々で借金をした挙句、もはや業者からは借りられないので昔のよしみで、私のところに借りに来たのだとばかり思っていましたから、「それならサラ金に行けよ」と言ってやったのです。

私が借りたのはアイフルでした。彼とは事情が違いますが、どうしても20万ほど必要な時に、街頭でもらったティッシュ広告に載っていたフリーダイヤルに電話をして、その日のうちに20万円を振り込んでもらい、事なきを得た経験があります。

消費者金融を利用した話は誰にもしたことがありませんでしたが、その時初めて彼にしました。

基本的に消費者金融を利用しろなど、誰かに言える事ではないと思います。

しかし、他人に甘えのある彼の様な人には、荒療治で金利の付くお金を借りさせることも良い薬じゃないかとも考えたのです。

私の経験から他社借り入れがなければ、その時点で収入がなくても前年の確定申告が一定額以上なら、まず借りられますので、それで急場を凌ぎ後は土方でもして返済しろと言いました。

幸い、彼は本当に借り入れがなかったので、社会保険の番号を言っただけで、融資可能との返事をほぼ瞬時にアイフルから引き出しました。

そう言われた時の彼の安堵した表情が忘れられません。かつての私とまるで同じです。

彼は私から借りる予定だった30万円をアイフルから借り入れ、翌月仕事が入ると一括で返済したようです。独立をしているとどうしても現金が必要なときがあります。

そういう時に即日融資をしてくれる貸金業者はとてもありがたいものです。金利はもちろん付きますが、必要なときに貸してくれるのですからそれは当然です。必要なときの金は金利以上の価値があると思います。

必要な時に必要なだけ、使い勝手の良いキャッシングというサービス

利用者の声でもある通り、必要な分だけ、小口からでも利用でき、そして不要になれば返済も一気にできるという点が、キャッシング最大の魅力と言えます。

キャッシングを使い勝手よく、上手く使う事で、どうしても生活費が足りない、どうしても資金が足りないという時でも、強い味方になってくれますので、借金はするべきではないと全面的に否定するわけではなく、どうすれば借金を上手に活用してくれるのか?

について、しっかりと向き合って、考えるのが良いか?を考えてみてはいかがでしょうか。

tokushu-01red 一緒に読まれています。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪
WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る