プレミアムフライデーはいつから?推進協議会のプレミアムフライデーは経済産業省と経団連も推奨なの?

marugatatakaさん、今日の日経新聞でありました「プレミアムフライデー」についてどう思いますか??

marugata02

プレミアムフライデーって何ですか??この前にブラックフライデーに続いて、アメリカから何かが入ってくるんでしょうか??

marugataいえ、今回は日本で作られる施策なのですが、なんでも2017年2月あたりから導入するもので、「毎月月末の金曜日に官民が連携して取り組む」もので、月末の金曜日は仕事を早く切り上げて豊か、幸せに過ごす事で、消費刺激の効果や長時間労働の問題に対する効果を期待しているようです。

先日、電通の問題を皮切りに、大手の企業と言えども長時間労働の問題を無視できない状況に至ってきていますので、国としては大きな期待をしているようですが、実際導入にあたり反発も多いのでは??と思います。

20161212001-a

実際に、経済産業省と経団連に対して、

「15時に帰社するとなると、給料まで下げられて、消費どころでは無い」

「消費に回せるだけの給料を先にもらえるようにしてほしい」

「仕事量が減るわけでは無いので、実際は別の日の残業が増えたり、しわ寄せがあるのでは無いか?」

「消費の刺激は、ネットショッピングもあり、特に大きな効果が無いのでは無いか?

と言った疑問の声も届いているようで、効果に対する不透明感があるかなと、私自身も感じるところはあります。

marugata02プレミアムフライデー、確かに面白い施策ではあるかもしれませんね。

ですが、toshiさんの仰るとおり、実際の消費者側としては、早く退社しても、消費をしたく無い人にしては無駄遣いをしてしまうという事もあるかもしれないですし、時間を持て余してしまう事もあったり、それこそ仕事のしわ寄せだったり、他の人の負担が増える・・・

などといったデメリット面も大きい事はありますが、こういった施策というのは、導入してみて検証しないと分からないですし、業界ごとのシフトスタイルもありますので、一概に全ての業界に導入となるとのは難しいのでは無いでしょうか??

特に、銀行に導入する場合、15時に退社するとなると、13時には窓口営業をストップする必要があるのでは無いでしょうか?

また、役所も15時営業終了となると、土日含めて申請が出来ないなどのデメリットがあり、十分な住民サービスを提供出来るのか?という疑問もありますし、必ずしも有効な施策かどうかは、正直なところ不透明なところもありますね・・・

marugataそれでも、経済産業省と経団連にとっては、「ワークライフバランスを見直すきっかけにしてほしい」と願っている側面もあり、賃上げなどに関してはしっかりと対応していかないといけないとも語っています。

働き方と休み方を見直しする事は、とても大事な事だと思いますので、企画倒れにならず、粘り強く導入を検討して頂ければとも思います。

実際、日本人は真面目すぎて、仕事の拘束時間が長すぎるという点もありますので、海外の例を倣って、大手企業でも働き方のあり方って、見直ししていく事に繋がれば、そしてそんな世の中を肯定できる社会になれば良いのにな・・・

と、切に願っています。

トップへ戻る