ネオサングラス 海外の反応はどうなの??ピコ太郎の新曲の気になる視聴数はいくら?

最近、YouTube(ユーチューブ)業界に激震が走った出来事と言えば、「ピコ太郎」さんの出現では無いでしょうか。

彼は、YouTubeで「PPAP」の動画再生回数が驚異の8,000万回!

しかも、日本だけでなく、海外の反応が圧倒的に多くて、かのジャスティン・ビーバーがお気に入り動画に入れた事で、広まった事でも有名ですよね。

そんなピコ太郎さんですが、今回新曲となる「ネオ・サングラス」をアップし、早速視聴回数が1,100万回を超えているんだとか。

ご覧頂ければ分かるのですが、動画の時間は56秒ですから、とても短い時間で視聴できるのですが、そんなに面白いか??

と言えば、PPAPに比べるとインパクトに欠けるような気もしますし、リズムとダンスにハマる、PPAPの方が面白い・・・

などなど、人によって、反応も様々です。

ネオサングラス 海外の反応はどうなの??

PPAPが海外での反応から大ブレイクした事もあり、今回もネオサングラスでは同じように海外の反応が取れてこそ、拡散されるものだと思いますので、とても気になるところですが・・・

1,100万回という数字からも、日本だけでなく、世界中で視聴されている可能性が高いとは思います。

ピコ太郎の正体は誰??

ところで、彗星のごとく現れたピコ太郎さん、サングラスをかけているので、正体不明なのですが、正体は誰なの??

と気になったので調べてみたのですが、古坂 大魔王というお笑い芸人だそうです。

元底ぬけAIR-LINEのメンバーで、ピコ太郎になってからは、自称シンガーソングライターで通しているとの事でした。

piko

ピコ太郎をここで取り上げたのは・・・

ここまでピコ太郎さんの事を紹介してきたのですが、当サイトではお金に関する情報をお届けする事をモットーに記事の製作をしているので、一見芸能情報はタブーでは無いか・・・

と思われるところもあるのですが、実は冒頭に書かせて頂いた「YouTubeに衝撃が走った」という点について、お金と深い関係があるのです。

YouTubeは広告収入で成り立っています

我々は、無料で視聴し、動画コンテンツを楽しんでいるかと思いますが、YouTubeを運営するGoogleは広告収入を得て、運営をしています。

また、動画コンテンツを提供する方々も、広告収入を得る事が出来る仕組みがYouTubeにはあり、ピコ太郎さんのPPAPの例だと、8,000万回の視聴回数に対して、再生1回につき0.025~1円ほどの広告収入が見込まれるのでは??

と試算されているのです!!

もし、仮に1円の単価だとした場合・・・

8,000万円もの広告収入がYouTubeから入ってきているという計算になるわけですよね??

しかも、この動画コンテンツの製作費は10万円だったんだとか。

7,990万円もの高収入、8月25日に動画アップし、現在11月9日という事で、75日で計算するとおおよそ100万円の日給を稼いでいた事になるんですよね!!

これをお金の話とせずに、芸能の話と出来るでしょうか・・

という衝撃の事実を知る事になりましたので、ここで取り上げさせて頂きました。

ちなみに、新曲のネオサングラスも1,100万回ですから・・・

こちらでもすでに1000万近くのYouTubeからの収入とすれば、両方合わせて1億ものお金を3ヶ月ほどで稼いでしまったという計算。

ピコ太郎さん、マジすごいんですけど・・・(笑)

もし、こちらの記事をお気に入り頂ければ、

トップへ戻る