職場の先輩の結婚式、お金が無い時にどうすれば良いの?

職場の先輩が急に結婚する事になった・・

そんな予期せぬ時に、お金が用意出来ない時に、キャッシングで助かったという方の体験談をここで紹介したいと思います。

結婚式に出席したいけど、お金が無い Aさんの体験談

私は当時新卒一年目でした。就職と同時に一人暮らしを始めて、やっとその生活にも慣れかけていた5月頃にピンチが訪れました。

なんと、ほぼ同じ時期に、職場の先輩の結婚式と、地元の友人の結婚式に呼ばれてしまい、一気に10万円近くのお金がかかってしまうことがわかったのです。

招待状をもらってから、ある程度時間があったのですが、引っ越し代の支払いなどが残っていたため、正直なところ生活に余裕はありませんでした。

夏になれば、まだ入社間もないので、そこまで期待出来ませんし、少ないですが、ボーナスが出るのが分かっていたので、それでなんとか出来る当てはありました。

そこで、頭に浮かんだのがキャッシングです。

調べてみると、少額であれば、審査はそれほど厳しいものではなく、返済期日なども、ある程度柔軟に選べることがわかったので、思いきって利用してみることにしました。

色々なキャッシングの会社を比較していましたが、私が実際に利用したのはプロミスでした。

プロミスを選んだ理由は、CMでも有名ですし、ほとんどの方が知っている会社だと思ったからです。

自分なりに調べていて、初めて知ったのですが、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はあの三井住友フィナンシャルグループの会社だったので、より信用度が増しました。

プロミスを選んだ理由は、今書いたように信用できる会社であったことが一番でした。

お金に関わることなので、「信用が何よりも重要」だと思い、手続きを進めるために、実際にプロミスの自動契約機へ行き、キャッシングの申し込みをしました。

事前に、持参するものを調べておいたので、かなりスムーズに申し込みや審査が進みましたし、申し込みを終えると、その日のうちに審査結果が出て、無事審査に通過することができました。

そして、ご祝儀代と二次会などの費用を合わせて10万円を借りる事が出来たのですが、人生で初めての経験だったので、正直なところ少し緊張しました。

それから数ヶ月かけてですが、借りたお金は、夏に支給されたボーナスで返済することができました。

返済が終わった時には、達成感というか安堵感というか、変な気持ちになりましたが、借入れた10万円のおかげで、仲の良かった友達の晴れ舞台を見ることができましたし、これからお世話になる先輩の結婚式に出席することができ、本当によかったです。

お金がないために、結婚式を欠席していたりしたら、一生後悔したと思います。

最後に、これからキャッシングを利用する方へのアドバイスですが、キャッシングを利用する際は、必ず返済できる当てがある時にだけ、利用したほうが良いと思います。

いつでも引き出せる自分の預金のような感覚になりがち」ですが、それは絶対にやめましょう。

また、一度借りたら返済期限や契約内容などをしっかり頭に入れ、必ず約束通りに返しましょう。

0987aee209b568e34fb950fc43ed0302_s

急な冠婚葬祭でお金が無い場合は、キャッシングも上手く活用しましょう

冠婚葬祭は、前もって準備が出来れば、心の準備だったり、お金の準備が出来たりするものですが・・・

そう簡単に予定通り進まないのも、これまた人生・・・と思うことはよくあります。

筆者も、たくさんの同僚に恵まれ、職場の先輩、同期、後輩の結婚式に呼んで頂きましたし、また上司としてスピーチする事も経験させて頂きましたが、逆に若い頃は、同期の結婚式に呼ばれる度に「今月も結構生活厳しいな・・・」と悩んだりした事もあったものです。

特に、入社が浅い時は、独身で使えるお金も、結婚した後のお小遣い制に比べれば、うんと多いとは思うのですが、それでも給料も多くもらう事ができて、妻がしっかり家計管理、コントロールする事で、何かあったときでも、貯金で対応する事も出来るものです。

それを考えると、安月給の新入社員が、急に結婚式にお誘い頂くとなると・・・

結構、厳しいものがありますので、そんな時に親戚や家族、友人に相談しにくい、お金の貸し借りはしたくないという方であれば、キャッシングを短期間で利用する事は、一つの手段にはなるかと思います。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る