消費者金融の金利は緩和されたの?世間で金利が安いと感じるのはどれくらいから?

marugata02改正貸金業法の改正は、2006年12月に行われ、段階的な施行という事で、完全施行に至ったのが、2010年6月の事です。

その時に、利息制限法、出資法といった利率の上限に関する法律も改正をされ、出資法は29.20%から20.00%へと引き下げられた経緯があります。

これで、消費者側からすると、「少しは金利の負担も緩和されるかな・・・」と思われたのですが、2012年に自民党の選挙公約で「小口金融市場の活性化」という話が出てきて、にわか金利の上限を緩和し、元の29.2%に戻すのでは無いか?といった業界での期待も膨らんだのですが・・・

2016年現在、金利の上限緩和には至らず、依然として総量規制の緩和もなく、旧態のままで営業をしています。

marugata過去には、出資法と利息制限法の上限金利に相違があり、主張の違いがあった事から、いわゆる「過払い金返還請求」のような問題も起きてはいたのですが、今では上限利率が統一されていて、問題は起きないようにはなっていますが、これをまた引き上げて緩和するとなると・・

大きな反発を生みますし、何より消費者の負担が大きくなりますので、褒められたものでは無い、今のままでも十分営業を出来ていたり、収益を上げているので、問題は無いのでは??はと、個人的には思います。

そんな借入する側からすると、「少しでも安く借り入れしたい」という気持ちは強いでしょうし、当然少しでも金利の負担が抑えられるのは、とても良い事です。

それだけ、借入する側からすると、金利に対する反応は大きなものがあると思いますが、一般的に消費者からして、どれくらいの利率であれば高いと感じるのか??という基準を、100名のアンケートを取得し、まとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。

消費者金融の金利で高いと感じるのは、どのくらいから?

近年、日本では景気の回復が遅れていることを原因に、日々の生活費を切り詰めたり個人消費を控えたりする家庭が増えています。

しかし、節約を続けていても思わぬところでお金が必要になってしまう場合も多いでしょう。

そんな時に便利なのがキャッシングです。しかし、返済や金利の問題から利用について迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

キャッシング金利は、一体いくらぐらいが妥当なのでしょうか?今回は「キャッシング金利に関する世間の声」を聞いてみました。

l5-fl03-1 金利が高いと感じるのは、何%から?

1

  • 1位 10%を超えたあたり 37%
  • 2位 どれも該当せずなんでも高く感じる 29%
  • 3位 5%を超えたあたり 18%
  • 4位 15%を超えたあたり 16%

それぞれの回答より、いくつか抜粋しました。

1位の10%を超えたあたりについてですが、

  • 一割くらいならまだ許容範囲だと感じますが、それ以上だと厳しいです。[石川県/34歳男性]
  • 金額が大きくなれば、多く支払っているような気持ちになるから。[宮城県/36歳男性]
  • 返金する額が、日を追うごとに連れて増えていくのは、計算が大変だし、生活も大変。[東京都/23歳男性]

といった回答がありました。

marugata02キャッシングの金利は、10%を超えてしまうと抵抗を感じる方が多いようです。返済するときの手間や負担がかかってしまい、損をしている気持ちが強くなる傾向にあります。
長期で借りる方にとっても、「金利10%は高い」と感じるラインなのかもしれません。

2位のどれも該当せずなんでも高く感じるについてですが、

  • 仕方がないことではあるが、借りた金額以上に支払うのはもったいないと感じるから。[宮城県/36歳男性]
  • 利息を払ってまでお金を借りたいとは思いません。[大阪府/25歳男性]
  • 金利を払うのであれば、友人に借りて友人に払いたいです。[奈良県/33歳男性]

といった回答がありました。

marugata02お金に困っている状況では、「余計にかかってしまう金額を少しでも減らしたい」という意見が多いです。
また、金利を払ってお金を借りるという行為そのものに抵抗があり、「友人から借りる」など別の方法を使ってでも、避けたいと思う方も少なくないようです。

3位の5%を超えたあたりについてですが、

  • 金利は出来るだけ安い方が助かるし、消費税より高くなると非常に高く感じるから。[福岡県/43歳男性]
  • 借りたお金の金利を総額で見たら結構な金額になってました。[北海道/21歳男性]
  • 住宅ローンが低金利なため、比較すると5%でも高く感じる。[長野県/53歳男性]

marugata02消費税や住宅ローンなど、日常的な出費と比較すると5%の金利でも高く感じてしまうようです。また、実際に5%を超えた金利でお金を借りて、想像以上の返済額になった方もいます。
お金を借りるときには、返済するときの正確な金額まで、きちんと計算した方が良いでしょう。

結論、消費者金融の金利は今でも高いと感じている人が多い

marugataアンケートの結果、金利がかかる時点で「高い」と感じてしまう方が多いようです。

それでも「お金を借りるから仕方がない」と思い、何とか金利分を支払ってでもキャッシングを利用する方も少なくありません。
税金やローンなど、お金に関する悩みはなかなか解消されないもので、キャッシング利用と言うと、昔は娯楽やギャンブルなどに使う人が、多いイメージだったかもしれません。

しかし、最近では、景気の落ち込みから「生活のためにキャッシングを利用しなければいけない」という状況の方も増えているようです。
それでも、「どんなに困っていても、返済するときの金額をきちんと考えてから利用することが大切」です。

「5%ぐらいならば、大丈夫かな?」という考えで何となく借りてしまうと、なかなか完済できず、借入と返済を繰り返す状況にも陥りかねません。

金利を考慮した上で、計画的にキャッシングを利用した方が良いと、このアンケートの回答からでも学べるのでは無いでしょうか。

0-19 一緒に読まれています。

トップへ戻る