配偶者控除の上限は150万?社会保険への影響が気になるところ??

これは増税なのか?減税なのか??

配偶者控除の見直しを巡って、国会では議論が進んでいますが、今回の見直しにより全部で10段階で控除額が変わる事になりそうです。

【参考】夫と妻の年収による配偶者控除の金額

※縦軸が妻の年収、横軸が夫の年収になります。

1120万円以下 1170万円以下 1220万円以下 1220万円超
201万円超 0 0 0 0
201万円以下 3万円 2万円 1万円 0
197万円以下 6万円 4万円 2万円 0
190万円以下 11万円 8万円 4万円 0
183万円以下 16万円 11万円 6万円 0
175万円以下 21万円 14万円 7万円 0
167万円以下 26万円 18万円 9万円 0
160万円以下 31万円 21万円 11万円 0
155万円以下 36万円 24万円 12万円 0
150万円以下 38万円 26万円 13万円 0

上記の表の通り改正される予定との事です。

marugata02今までは、配偶者の年収の上限を103万円としていたところが、まず「150万円へ引き上げ」されるという点が改正のポイントという事なんですね。

現行の専業主婦や妻の年収が103万円までの方で、夫の年収が1120万円以下であれば、現状維持なので、減税効果は感じないと思いますが・・・

一番大きな効果を発揮するのは、年収103万以上201万円の中でも150万円までの範囲の方となるのが、上記の表からも判りますね。

一方で、現行で1120万円~1220万円まで、1220万円超の年収がある夫がいる世帯については、年収103万円までの方は「増税」となってしまいます・・・(悲)
※試算によると、年収1500万円の場合は、15.8万円の増税になるんだとか・・・

なんだか、稼げば稼ぐほど、税金を取られてしまうのが、現実化し、そのための管理のためにマイナンバーを導入したのか・・・

と勘ぐりたくなるような状況に追い込まれている感じもしますね・・・(余談でした・・)

配偶者控除が150万へ引き上げ社会保険の扶養にも影響はある?

ところで、配偶者控除が150万円に引き上げられたところで、社会保険への加入義務には関係するのか??という話ですが・・

妻の年収が130万円を超える場合は、夫の扶養から外れて、社会保険に自分で加入しなければならなくなります。

一応、被保険者の収入の2分の1以上ある事が求められますが、恐らく2倍以上の収入がある方がほとんどだと思いますので、社会保険料を支払いする事を前提に妻の年収を増やす。

というイメージが一般的になるのでは?と思います。

大体の社会保険料が、月々1万円程度(別で会社の負担が同程度)となりますので、年間にすると12万円ほどの手取りが減る事になります。

その分、当てにならない年金に回せたり、社会保険の恩恵を受けていると思えば、それはそれで良いのかも知れませんが・・・

おそらく、そう感じて負担を受け入れる人って、多くは無いと思います。

実際、2016年10月から、社会保険の適用者条件が変わっています。

【参考】2016年10月の社会保険適用条件
勤務時間が8時間以上(週30時間以上)、1ヶ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
勤務期間が1年を超える場合
従業員が501名以上いる企業

実際、手取りにどれくらい影響するのか??を試算してみると、以下の通りとなります。
※試算は、夫の年収が300万円としています。

年収 社会保険 所得税 市民税 増税負担
年収103万円未満 扶養のため0円 0円 0円 無し
年収130万円 176280円 13500円 32000円 221780円
年収150万円 213576円 23500円 52000円 289076円

上記の通り、年収130万円~150万円の間では、20万~30万円程度の負担となりますので、そのあたりの金額を考え、扶養範囲内となる金額で仕事をするのか、それとも社会保険で将来の年金も期待しながら仕事をするかを決めていく事になるかなと思います。

これからは、自分自身の働き方も考えながら、収入や貯蓄を増やしていく方法を模索する必要もある・・

つくづく、大変な時代だなと思いますけど、しっかり抑えておかないと、時間も体力も、そしてお金も損をする事もありますので、これからも最新情報があれば随時更新していきたいと思います。

トップへ戻る