フリーターでもクレジットカードやキャッシングの利用はできるの?

フリーターでもクレジットカードやキャッシングを使うことができます。

ただし会社員と比べるとフリーターは信頼の低さが審査に影響してしまうことから、いかに信頼を高めてキャッシングが受けられるかが重要となります。

フリーターがクレジットカードやキャッシングを使用するには?

まずはフリーターがどうして信頼が低く、クレジットカードやキャッシングの審査を難しくしてしまうかをご説明しましょう。

これは安定の証明がフリーターでは難しいところにあります。

収入が不安定ということが問題」であり、低収入はよほどでなければ問題にはなりません。

そのためフリーターでも高収入であれば審査が通りやすいとも限りません。

一般的な会社員以上の収入を得ている高収入なフリーターであったとしても、収入の安定性の証明に欠けてしまえば、それだけで審査が厳しくなってしまうということもあるのです。

よってフリーターがクレジットカードやキャッシングを使うには、安定した収入をいかに証明するかが重要となるのです。

安定した収入を証明するには、勤続年数の長さがポイントになります。

勤続年数が短すぎると審査に絶対通らないということもありませんが、最低でも1年は勤続年数があれば、クレジットカードやキャッシングを利用しやすくなるといわれています。

また審査は1社ずつ受けるということもポイントです。

複数社で同時に審査を受けていれば、数撃てばという理論でどこかに受かるということはなく、逆に業者側に状況を怪しまれて落とされてしまうこともあります。

他にも、家賃収入の心配がない実家暮らし、家族と同居している、居住年数が長い、といったことも審査の通りやすさに影響してきます。

クレジットカードやキャッシングを利用する前に、まずは仕事を見つけて勤続年数を高めましょう。

それが難しい方は、会社に在籍しているときなど、フリーターになる前にクレジットカードやキャッシングの審査を受けておくというのも、一つの手です。

ただし、気をつけてほしいのは、将来収入に不安がある状態で借入をする事は、返済資金がなくなってしまう事を意味しますので、安易な借入は控えた方が良いかと思います。

また、借入を必要とする場合でも、節度ある借入、計画的な借入を心がけるという事も忘れないようにしたいものですね。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る