イースターが2017年ハロウィンに続いて日本に定着する?

テレビでハロウィンに続いて、イベントの定着化が予想されるものとして、「イースター」が紹介されていました。

今回、2017年イベントとして定着するのでは無いか?と予測されるイースターに関して、まとめてみました。

また2017年度の主要レジャー施設のイースターイベントもまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

イースターとは??

キリスト教で325年第1ニカイア公会議で、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」をイ―スターと呼ぶ事となりました。

イースターは「復活祭」とも呼ばれていて、十字架にかけられたイエス・キリストが処刑されてから3日目に復活した日を記念したものでもあり、2017年は4月16日(日)がイースターにあたります。

日本では、あまり馴染みのない記念日なのですが、キリスト教徒にとっては、最重要イベントといっても過言では無いものが、イースターになります。

また、イースターという語源は、アングロサクソンで「春の女神の名前に由来」しているとも伝承されています。

2017年ディズニーランドでもイースター関連のイベントが

今までハロウィンだったり、クリスマスだったり、海外のイベントが日本に入ってきて定着してきましたが、大手のレジャー施設でもいち早くイベントの定着化を狙って、様々なイベントやグッズ展開がされています。

まず、ディズニーランドとディズニーシーでは、「ディズニーイースター」と呼ばれたイベントが、4月4日~6月14日にかけて行われます。

ディズニーイースターは、毎年のファッショントレンドを取り入れたディズニーキャラクターが園内を彩ってくれます。

2017年度は、イースターバニーボンネットを付けたミッキーマウスやミニーマウスをはじめとするキャラクターに会えるという事で、早くも人気が出ています。

2017年USJでもイースター関連のイベントが

ディズニーランドだけでなく、USJでも「ユニバーサル・イースター・セレブレーション」と呼ばれるイベントが、 3月3日(金)~6月25日(日)の間で行われます。

期間限定のフードメニューやセサミストリート、ハローキティのイースター限定グッズなどもありますので、人気が出る事が予測されますね。

イースターはカフェやレストランでも定着

大手のレジャー施設だけではなく、イースターは身近なカフェやレストランでもイベント化する動きが見られていて、「卵を使った料理」が多くなっています。

「なぜ卵なのか?」

と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、卵はキリスト教の間では「生命」を意味するとの事で、重要な食べ物です。

この食べ物を使ったフードや遊びがイースターでは行われる事が多く、

  • 家の中や施設の中に卵を隠し、探し当てるゲーム=エッグハント
  • スプーンに乗せた卵を早く目的の場所まで運ぶゲーム=エッグレース
  • 卵を割らずに転がして遊ぶ=エッグロール
  • 卵をキレイに装飾して遊ぶ=イースターエッグ

などもあります。

イースターとうさぎの関係

最後になりますが、卵だけでなく、ディズニーランドのイベントにも代表されるように、イースターとの関係ある動物が「うさぎ」です。

うさぎは、「たくさんの生命、豊かな生命の象徴」という事で、卵と同じく生命をイメージする象徴として扱われているという事ですね。

イースターは、春に定着するイベントとして今後も要注目です。

是非、街中でうさぎだったり、卵だったりを使ってイベントをしているのを見かければ、「あっ、キリストの復活祭を祝うイースターだな」という風に思われると良いのでは?

と思います。

トップへ戻る