まさかの旅先でお金がない、これからどうすれば良いの?

旅行先で、何が起こるかは、想像でも出来ないですし、予見する事も出来ませんよね?

備えあれば憂いなし

とは言いますが、全てを予見して、予見通りに行動することは、とても難しいですし、旅先で何があっても焦ったり、動揺しないためにも、ある程度の想像は働かしておく必要があります。

今回は、旅先でお金が無い方が取った行動について、体験談を寄せて頂きましたので、参考にして頂ければと思いますし、最後には旅先でお金が無いときに取れる行動のまとめを調べた範囲で行いたいと思います。

まさかの旅先でお金がない Aさんの体験談

鹿児島にある世界自然遺産の屋久島に行った時の話しですが、夫婦で旅行をしたのですが、屋久島を訪れました。

私たち夫婦は、基本いつもクレジットカードを利用しています。

理由としては、現金を持ち歩くのが面倒で、荷物になる上に、クレジットカード利用の方が色々とポイントがたまるので、現金払いはほとんどしなくなり、クレジットカード払いをしています。

どこに旅行に行くにも、やはりクレジットカード払いでしたが、今まで特に何もトラブル無く、旅行してこれました。

特に、海外旅行の後でもあったので、クレジットカード払いが当たり前の感覚でいましたが、いざ夫婦で屋久島へ行った時に問題が起きたのです。

まず、予想外の飛行機の遅延が起き、当初の計画では飛行機で鹿児島空港まで飛び、そこからフェリー乗り場までバスか電車で行き、そしてフェリーに乗船して、屋久島へ行こうというものでした。

しかし、予想外の飛行機の遅延のために、鹿児島空港からフェリー乗り場まで、公共機関利用では間に合わない時間に、鹿児島空港に到着してしまったのです。

どうしても、その日に予定していたそのフェリーに乗らなければならなかったため、タクシーでフェリー乗り場まで飛んで行ってもらいました。

そのフェリーに間に合うか紙一重の時間だったようですが、考えている暇もなく飛び乗り、奇跡的にぎりぎりフェリーの時間に間に合わせることができました。

しかしここで問題が起きました。

首都圏に住んでいるため、タクシーでカード払いができるのは当たり前の感覚でいたのすが、何とカード払いができないタクシーで、現金払いのみということに最後に気付かされました。

もちろん、多少の現金を持っていたので、払うことはできたのですが、15,000円程ここで使ってしまいました。

さすがに焦りましたが、「まぁ何とかなるだろう」と、フェリーへ乗船。フェリーはクレジットカード支払いが出来るので、問題なくクリアできました。

ハプニングはありましたが、無事に予定通り屋久島に到着して、嬉しい限りでした。

しかし、まだまだこの「クレジットカード支払いができないワールド」は続きました。

ビックリしたのですが、屋久島では飲食、お土産、スーパーなど、当たり前のようにクレジットカード払いが出来なかったのです。

いくら以上でなければ現金払いのみや、一切クレジットカード払いは出来ないというお店がほとんどで、これには本当に参りました。

手持ちの多くない現金は、まずイレギュラーのタクシー乗車で大枚が消えましたそし、残りの少ない現金も飲食、スーパーなど必要最低限の利用で、見る見る減っていきました。

まさか、こんな自体になるとは思ってもいなかったので、銀行のカードやお金を降ろすカードすら持って来ていない、仮に持っていたとしても、屋久島にはお金を下ろせそうな場所が見当たらない。

もう途方に暮れて、現金がないために、これ以上屋久島にいられないと、せっかく来たのに帰るしかないという悲しい結末を迎えそうでした。

しかし、ここで奇跡的な閃きがあったのです。

トボトボ歩いていたら、郵便局を発見したのですが、運転免許証はあるし、口座番号も知っているので、もしかしたら口座番号と身分証明証があれば、現金を引き出せるかもしれないと窓口へ行ったのです。

しかし、残念な事に、「そのようなことはできません」という回答で、その時は、希望が絶たれました・・・

しかし、そこで目に入ったのが「セゾンカード」のマークでした。

私は、まさかのセゾンカードを持っていて、今まで使ったことのないサービスでしたが、キャッシングが利用出来るのでは無いか?と思って、使ってみたところ、現金30,000円を融資してもらう事が出来ました。

キャッシングサービスのおかげで、はるばる行った屋久島旅行を、夫婦で思う存分満喫できたので、本当に良かったのですが、よくよく考えれば、都市から離れた旅先などでは、クレジットカード払いが出来ないのは当たり前の話ですよね。

さすがに今回の事で反省をしたのですが、そんな時キャッシングサービスを覚えておくと、いざというときに便利ですし、どんな場面で役に立つかわからないものですし、知っておいて損は無いのでは無いかな??と思います。

003320800e34d925dbb6a739bf5f6984_s

旅先でお金がない時に、どうすれば良いの??

ご覧の通り、キャッシングを利用するのは、一つの方法としてとても良い方法ですし、クレジットカードが使えないような場所では、現金が多めに持っておく方が、心にもゆとりが生まれますし、何より焦って旅先でお金の工面をしなくてすみます。

是非、心の底から旅行を楽しむためにも、余計な心配をしなくても良いように、お金は十分に用意しておくようにしましょう。

一方、お金を用意していても、予想外に多くのお金が必要だった場合や、財布を落としてしまい、どうしようもなくなってしまうという事もあるかもしれません。

そんな時に、ひとまず宿泊地まで帰るため、親族や家族、友人に連絡を取るために、少しだけでもお金が必要という場合は、正直に警察へ相談にいくと、上限1,000円までと小さな金額ではありますが、「公衆接遇弁償費(こうしゅうせつぐうべんしょうひ)」という制度で、お金を借りる事が可能です。

ただ、警察署や交番を見つけた時、お金を借りるよりも、その場で親族や家族に連絡を取ってもらったり、お金を工面する方法を考えた方が早いのでは??と個人的には思うところがありますので、ケースバイケースという事で、一つの手段として憶えておいて頂ければと思います。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る