他社で断られた場合、他のどこでもキャッシングの審査に通る事は難しいの?

キャッシングの審査の難易度はすべての業者が一定というわけではないので、他社で断られたからといっても、どこでもまた断られるとは限りません。

それでも断られるにはそれだけの理由があるわけですから、何かしらが影響して、やはり審査に通ることは難しいということになってしまうのでしょうか。

他社で断られた方でもキャッシングは可能だが・・・

他社で断られたままの状態で別のキャッシング業者にて審査を受けたとしても、次は通ることもあります。

理由はキャッシング業者によって異なる貸付条件にあります。

キャッシングを単純に考えると低金利ほど審査が厳しく、金利がやや高いところのほうが審査も緩くなります。

ですから低金利の他社で断られたとしても、その業者よりも金利の高いところで審査を受ければ通りやすいという断言こそできませんが、他社で断られた方の通る可能性も高くなるかもしれません。

利用者自身の条件を変化させることで次の審査に通りやすくすることも、もちろん可能です。

キャッシングの審査では申し込みした方の信頼性の高さと返済能力を判断します。

他社で断られたときよりも勤続年数や年収、生活環境が向上していれば他社に限らず同じ業者に審査をお願いしたとしても前回より通りやすくなります。

他社借入額や借入件数が多い場合で落ちたと考えられる場合も、これらを改善することで通りやすくなります。

また次の審査を受けるタイミングも重要です。

他社でキャッシングを断られた場合、数撃てば当たる考えで複数社にすぐ申し込みをしていると、査定に落ちるリスクを高めかねません。

キャッシング業者側が焦って多数の申し込みをする方は問題があると判断するためです。

一般的には他社で断られたという方は、一社ずつ、2週間から1ヵ月ほど間隔を開けて申し込んだほうがよいとしています。

もし他で借りられなかった場合でも業者選択や現状改善、申込むタイミングに気を付ければ別のところで査定に通ることは可能です。

諦めずにということも大切ですが、キャッシングは焦りすぎにも注意してください。

キャッシングは、担保なし、保証人なしで借入できるので、一見簡単に融資が受けられるのように見られがちですが、無理してお金を借りても、返済は必ず行わなければなりませんし、自己責任のもとで利用すべきです。

無理な借金は、後々に響いてきますし、借金が膨らんでしまうと自転車操業となってしまい、借金が減らない事になったり、延滞をしてしまったりで迷惑をかける事もありますので、そのような事が無いように、無理のない返済を心掛けて頂ければと思いますし、そのようになるように当サイトでも情報発信に努めていきたいと思います。

 一緒に読まれています。

WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪
WEB明細とメールアドレス登録で30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る