キャッシングの金利、計算方法はどうするの?法律による上限がある中、比較して少しでも安い会社を選びましょう

消費者金融をはじめ、クレジットカード、銀行系カードローン、住宅ローンやオートローンなど、様々なお金の借り方がありますが、お金を借りる際に一番気にしなければいけないのが「お金を借りる時よりも、お金を返す事」をきちんと考えた上で、利用しなければいけません。

もちろん、お金を借りる際に、「本当にキャッシングに頼らなけければいけないか??」という事は、一度は自問自答が必要になりますが、それよりも何よりも「ちゃんと借りたお金を返せるかを考えておく」は、とても大事で、自分自身の信用問題にも関わる事ですので、しっかりと計画を立てておく必要があります。

そこで、きちんと返済が出来るかどうかを考えるにあたり、とても大事になってくるのが「金利」になってくるのですが、ここでは、キャッシングをする前に知っておきたい、金利の計算方法にはじまり、金利をそれぞれの人気会社ごとに比較、金利に関わる法律について、まとめていきます。

キャッシング 金利計算の方法はどうやってするの?

marugata最初に、キャッシングを利用する際に、必ず必要となる「金利」についてですが、金利って何??というところを簡単に説明すると、「お金を借りた対価として、貸主に対して手数料として渡すもの」と考えて頂ければ良いかと思います。

消費者金融を貸主とした場合は、利用者である自分が、消費者金融からお金を借りるわけですから、消費者金融に対して、キャッシングした金額の対価として、一定割合の手数料を渡すという事になり、金利の計算方法は、下記の通りとなります。

kinrikeisan

上記は、消費者金融のプロミスさんの公式サイトに書かれていた計算式なのですが、利息というところが金利にあたる部分です。

よって、金利の計算は、

利用金額(借入額)×利率÷365日

によって、1日の利息がいくらか計算が出来ますので、あとは利用日数分を掛け算すると、利用期間分の金利計算が出来ます。

よって、金利の計算は

  • 借入残高が多ければ多いほど
  • 利率が高ければ高いほど
  • 利用日数が長ければ、長いほど

金利の負担が大きくなる(利息が高くなるという事です)ので、まずは金利計算の際に重要なポイントとして抑えておいて下さいね。

キャッシングの金利に関連した法律のお話

marugata02

続いて、キャッシングの金利に関連した法律についてお話したいのですが、金利の計算でも触れている通り、利用利率が高ければ、高いほど、金利が高くなっていきます。

そのため、少しでも低金利で利用したい場合は、利率を下げてもらうか、低い利率でサービスを提供している会社を選べば良いのですが、逆に金融会社からすると「少しでも、利息をとって儲けを出したい」と思うものです。

だからと言って、青天井に利率の設定が出来るとなると・・・利用者の負担は大きくなりますし、返済できずに多重債務者となったり、果てには債務整理や自己破産をしたりと、デメリットばかりになりますので、そうならないためにも、「上限金利の設定が法律上設けられる」事となっています。

それでも、一昔の消費者金融会社では、上限金利に関する法律が、出資法と利息制限法の2つがあり、いわゆる「グレーゾーン金利」が存在し、金利が高いと言われてきましたが、今では法律が整備され、利息制限法一本に上限金利が揃えられる事となっています。

現在の利息制限法では、

  • 10万円までの利用額に対しては、年率20.00%
  • 10万以上、100万円までの利用額に対しては、年率18.00%
  • 100万円以上の利用額に対しては、年率15.00%

となっていて、これを超える分の利息を取った場合は、無効とされますし、貸金業法と呼ばれる貸金業者を取り締まる法律によって、刑事罰や行政罰の対象となる可能性もあり、とても厳しく金利の上限を法律で定めているのです。

キャッシング 金利が無料になる?利息0円のサービスが続々と登場!

marugataそんなキャッシングサービス会社からすると金利は手数料収入として大切な収入源になるわけで、少しでも儲けを出すには、利率を上限近くまで高く取ったり、長く利用してもらえるようにするのですが、そんな中「金利が一定期間に無料、利息0円のサービス」が登場しています。

古くは、「1周間何度でも無利息」として人気だった新生銀行系列のノーローンに始まり、今では消費者金融の大手であるプロミス、アコム、アイフルが30日間無利息サービス、そして「2種類の無利息から選べる」レイクが30日もしくは180日の無利息サービスを選択する事が出来ます。

それぞれの無利息サービスの特徴ですが、

会社名 無利息期間 備考
ノーローン 借り入れ当初から1週間 完済後、翌月以降の利用でまた1週間無利息に。
プロミス 30日間無利息※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 最初の借入日から起算して30日無利息です。
アコム 30日間無利息 契約日から起算して30日間無利息です。
アイフル 30日間無利息 契約日から起算して30日間無利息です。
レイク 30日間無利息 契約日から起算して30日間無利息です。
180日無利息 5万円までは、180日間は無利息です。

となっていますので、どれくらいの期間利用するのか?融資額はいくらなのか??いつ利用するのか??を考えた上で、無利息0円のサービスを活用すると、金利負担を軽減する事が出来ますので、活かして下さいね。

キャッシング利用前に、金利を業界ごとに比較してみましょう!

キャッシングのサービスを提供する会社と言えば、主な業界で分けると、

  • 消費者金融
  • クレジットカード(信販)会社
  • 銀行系カードローン

となりますが、それぞれの利率はどれくらいが平均的なのか?相場観を知り、比較する参考として、ここでは代表的な会社をチョイスして紹介したいと思います。

三井住友カードローン プロミス 三井住友VISAカード
利率 4.0%~14.5% 4.5%~17.8% 18.00%
業態 銀行系カードローン 消費者金融 信販会社
備考 上限14.5%は、銀行系カードローンでは一般的な設定。契約当初はここからスタートしますが、限度額次第で12%、10%程度まで下がる事もあります。 限度額100万円までは17.8%が適用ですが、一般的な消費者金融が18%ですので、0.2%安いです。利息制限法の関係で100万円以上の限度額になると15.00%以下が設定されます。 信販会社のほとんどが18.00%、限度額も小さいですし、特典も少ないので、キャッシングの選択肢としては一番低い。

marugata上記の通り、利率の範囲が貸付条件としては公式サイトに掲載されていますが、新規契約当初から、いきなり低金利を使える事は、まずあり得なく、「利用実績」を積んでいく中で、限度額が見直しされたり、契約条件が見直されていく中で、利率の引き下げも検討されます。
特に、10.00%を切る利率となってくると、特別な方でない限り、通常は設定される事はありませんので、下限で利率を考えるのではなく、上限利率がいくらなのか??で比較していくのが、現実的だと言えそうですね。

キャッシング 金利は負担を減らすのに、少しでも安い会社をチョイス

ここまで金利の計算方法について紹介してきましたが、繰り返しになりますが、消費者金融をはじめ、キャッシングやローンを利用する際には、必ず契約条件を先に確認し、「利率はどれくらいなのか??」を把握した上で、契約をするようにしましょう。

金利の負担が、少しでも少なければ、その分返済した金額の中から元金返済も多く入り、結果的に借金返済がスムーズに進みますので、少しでも金利が安い会社を探し、契約を検討する事をオススメします。

また、当サイトでも、情報提供していければと思いますので、参考にして頂きたいと思います。

【特集】最短即日!無料であなたに最適なサービスを比較出来ます!
WEB明細とメールアドレス登録で

30日無利息サービス♪


最大30日無利息サービス♪

シェアする

フォローする

トップへ戻る