キャッシングとクレジットカードの違いは何?信用情報、金利、返済について

キャッシングとクレジットカード、同じカードを使うサービスですが、その中身は全く違ったものです。

ここでは、キャッシングとクレジットカードの仕組みの違いから始まり、それぞれの信用情報機関の違い、金利や返済など相違点や、その他関連の情報について、まとめていきます。

キャッシング クレジットカード 違い

marugataキャッシングとクレジットカードの仕組みですが、それぞれの違いについて、図解で紹介したいと思います。

キャッシングの仕組み

キャッシングですが、「限度額の範囲内で、繰り返し利用ができ、現金の受取りをする融資方法」です。

キャッシング枠の中で紹介した図解を、ここでもう一度紹介しますと、

gendogaku

審査によって決まった、利用限度額の範囲で、希望する金額の融資を受けるのですが、上記の図の場合は、40万円の限度額があり、20万円を借入した場合、残り20万円はいつでも借入が出来ます。

また、10万円の返済をし、残高が10万円となった場合は、限度額40万円で変わりなければ30万円の融資をいつでも受けられ、逆に35万円の利用になった場合は、5万円の融資をいつでも受けられるようになっている解説が、図解で紹介されています。

このように、決められた金額の範囲内で、繰り返し限度額まで現金を受け取るシステム、これがキャッシングの仕組みで、原則「無担保、無保証」で融資を受けられます。

クレジットカードの仕組み

次に、クレジットカードの仕組みですが、クレジットカードは「現金の代わりに、信販会社が立替し、代金の支払いを行うもの」です。

クレジットカードでは、現金の受け渡しが無く、お金が実際に動いている様子は見えないわけですが、実際には下記の図のように動きがあります。

shoping

(画像引用:クレジットカードの基礎知識より)

上記の通り、会員(利用者)が、クレジットカードを使用できるお店(加盟店)で、カード決済をすると、カード会社が加盟店契約に基づいて、現金の立替をします。

そして、後日、カード会社から会員(利用者)へ請求がいくわけですが、支払いが完了するまでの間、所有権はカード会社にある事になります。

よって、支払いが完了していない商品を、勝手に売却したり、譲渡する事はできず、法律上は「所有権留保」として、カード会社は保護されています。

キャッシング クレジットカード 信用情報機関は違うの?

marugata02続いて、キャッシングとクレジットカード会社では、信用情報機関が違うのか?という件ですが、最近では、キャッシング会社でもクレジットカードを発行する事もありますし、逆にクレジットカードでは当たり前にキャッシングサービスを付帯してきます。

そのため、両方共同じ信用情報機関を使う事が多く、以下の3つの信用情報機関を主に利用しています。

指定信用情報機関の種類
JICC(日本信用情報機構)
CIC
KSC(全国銀行個人信用情報センター)

JICCは、主に消費者金融会社の利用情報を登録しており、CICは、主にクレジットカード会社の利用情報を登録しています。

また、KSCに関しては、銀行系のローンなどの借入情報を登録しており、主に以下の内容が情報登録されています。

登録内容
本人を特定する情報 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等
契約内容に関するもの(完済日から登録後5年を超えない範囲) 登録会員名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額等
返済状況に関するもの(完済日から登録後5年を超えない範囲) 入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等
取引情報に関するもの(当該事実の発生日から5年を超えない期間) 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等
申込に関するもの(発生日から6ヶ月を超えない期間) 本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等

キャッシング クレジットカード 金利

次に、キャッシングとクレジットカードの金利についてですが、キャッシングでは「利息」と呼ばれ、クレジットカードでは「手数料」と呼ばれるのが一般的です。

お互い、実質年率が%(パーセント)で表示しており、キャッシングでは利息制限法の上限18.00%、クレジットカードでは15.00%が平均的になっています。

キャッシングに関しては、利用してから「日割り計算」で金利の計算を行うのに対し、クレジットカードについては、「リボ払いした時に、手数料が発生」するので、1回払いをしたケースでは、手数料を支払う事はありません。

キャッシング クレジットカード 海外

続いて、キャッシングとクレジットカードは海外でも使えるのか?ですが、「海外キャッシング」は、エポスカードや三井住友カードなど、一部の海外にATMを構えているカード会社は利用が可能です。

また、現地通貨でキャッシングが出来るので、例えば、必要な分だけ海外のATMからキャッシングという事も場合によっては、考えられる方法です。

キャッシング クレジットカード おすすめ

最後になりますが、キャッシングとクレジットカードの両方でオススメのカードはどこ??という点ですが、カード会社それぞれでメリットがありますし、デメリットもあります。

人それぞれ比較したいポイントによって、使い分ける事が一番ですが、一番まずいのは「カードを複数枚所有し、乱用する」事です。

キャッシングでは、総量規制が導入され、過剰な融資を受ける事は、法律上では出来ないようになっていますが、最終的には、「どれだけ自制が働くのか」が大切になってきます。

しっかり、あなたに必要なカードはどれなのか??当サイトでも状況別に合わせて紹介もしていきますので、是非参考にして下さい。

トップへ戻る